ノウハウ

ソロキャンプで最低限必要な装備は10個【無駄なく揃える工夫も解説】

こんにちは、T島(@tm_tshima)です。

ソロキャンプを始めるにあたって、どんな装備を揃えるべきかってすごく悩みますよね。

色々ありすぎて、何を買うべきか分からない!とりあえず最低限必要な装備を教えて!

本記事では、そんな疑問に答えます。

記事の内容

この記事を書いている僕は、ソロキャンプを始めた時、それはそれは無駄な買い物をしました、、、

今となっては使わなくなった装備も多数あり、何万円を無駄にしたのか数えるのも怖いくらい(°_°)

本記事を読んでくださっているあなたには、最低限必要な装備を知り、無駄な出費をせずにソロキャンプデビューを果たしてもらえればと思います。

ソロキャンプに最低限必要な装備は10種類

ソロキャンプに最低限必要な装備は10種類

下記の10種類です。

  1. テント
  2. グランドシート
  3. 寝袋
  4. マット
  5. 焚火台orバーナー
  6. クッカー
  7. ランタン
  8. テーブル
  9. クーラーボックス
  10. 食器類

それぞれ解説していきますね。

その1:テント

ソロキャンプに最低限必要な装備は10種類

寝泊りするためには必須ですね。

目指すキャンプスタイルが定まっている人は、いきなり良いテントを買っちゃっても良いと思います。

「そんなの、まだ分からないよ」という人は、まずは安めのテントを探すのが吉。

最初から良いテントを買って「あっちのテントの方が自分に合ってたな、、」とかなったらツライので(僕がそうでした泣)。

テント選び方や種類については下記の記事にまとめましたので、参考にしてください。

参考 >> ソロキャンプ用テント選びのポイント5つとおすすめ紹介【経験談】

ソロキャンプ用テント選びのポイント5つとおすすめ紹介【経験談】ソロキャンプのテント選びでお悩みのあなた向けに、選び方のポイントを徹底解説した上でおすすめテントを紹介。種類・デザイン・価格帯・前室・収納性に注目し、あなたにピッタリのテントを見つけましょう!...

 

その2:グランドシート

ソロキャンプに最低限必要な装備は10種類

グランドシートとは、テントの下に敷くシートのこと。

ゴツゴツした地面の上に直接テントを張ると、テントに傷がついたり、最悪破れちゃったりします。

最初はホームセンターで買えるブルーシートでもいいし、ネットで安いグランドシートも売られてますね。

テントのサイズに合うものがなければ、ちょっと大きめを買って折って使うのがおすすめ。

その3:寝袋

ソロキャンプに最低限必要な装備は10種類

寝る時に必要です。選ぶときは、下記2点がポイント。

適応温度:寒い時期を想定して買っておくのがおすすめ

寒くても使える物を買い、夏はファサっとかけて寝ればOK。逆に、夏用の薄い寝袋を寒い時期に使うのは無理があります。

収納サイズ:大きいものから小さいものまであります

移動手段に合わせて収納サイズを選ぶといいです。大きいものだと、車移動じゃないとキツめ。

その4:マット

寝る時、寝袋に入るだけだと最悪な寝心地なので、マットが必須。

また、日中はグランドシートの上にマットを敷いて地べたスタイルで過ごせば、イスいらずです。

荷物が少なくなるし、過ごしやすいスタイルなのでおすすめですよ!

参考 >> 【究極ロースタイルキャンプ】地べたスタイルの快適さ

【究極ロースタイルキャンプ】地べたスタイルの快適さ そんな方に向けて地べたキャンプの心地よさをお伝えします。 僕はキャンプをする時にスノーピークの「ローチェア30」を長らく使...

 

その5:焚き火台orバーナー

ソロキャンプに最低限必要な装備は10種類

最低限の装備を揃えるなら、バーナーがなくても焚き火台だけでOK。
料理も焚き火もできちゃいます。

一方で、焚き火台は焚き火専用と割り切って、バーナーも持っていくのもあり。
焚き火台だけだと、着火に手間取ったら食事に中々ありつけないってリスクもあるので。

参考 ≫ 【コンパクトな焚き火台選び】10台の焚き火台を使った僕がアドバイス

【コンパクトな焚き火台選び】10台の焚き火台を使った僕がアドバイスコンパクトな焚き火台をお探しの方向け。実際に経験した焚き火台選びでの失敗談を交えつつ、選ぶ時の注意点と、おすすめの焚き火台4つを紹介します。数多くある焚き火台ですが、自分がどんな焚き火がしたいのかをイメージすると選びやすくなります。...

参考 ≫ 【ソロキャンプ】シングルバーナーの失敗しない選び方

【ソロキャンプ】シングルバーナーの失敗しない選び方ソロキャンパー向けに、シングルバーナーの種類や2種類の燃料の違いなどを解説します。おすすめバーナーも紹介。シングルバーナー選びで迷っているあなたの参考になれば幸いです。...

 

その6:クッカー

ソロキャンプに最低限必要な装備は10種類

料理をするには欠かせない装備です。
フライパンと鍋がセットになった物だと、一通りの料理ができます。

参考 ≫ 【ソロキャンプ】クッカーは焦げ付き防止加工が超楽なのでおすすめです

【ソロキャンプ】クッカーは焦げ付き防止加工が超楽なのでおすすめですソロキャンプ用のクッカー選びでお悩みですか?そんな方には、調理がしやすい「焦げ付き加工ありの浅型クッカー」がおすすめ。ストレスなくキャンプ料理を作れるので重宝します。使いやすいクッカーを選んで美味しいキャンプ飯にありつきましょう。...

焚き火で料理をする場合は、取っ手に注目して選びましょう。
参考 ≫ 焚き火で使いやすいクッカーの条件【ブッシュクラフトにもおすすめ】

焚き火で使いやすいクッカーの条件【ブッシュクラフトにもおすすめ】 そんな疑問にお答えします。 ワイルド派のキャンパーやブッシュクラフターは、焚き火で料理をする人が多いと思います。どんなクッ...

 

その7:ランタン

ソロキャンプに最低限必要な装備は10種類

ガソリンランタン、ガスランタン、オイルランタンなど色々ありますが、最初はLEDランタンが無難。

なぜなら、圧倒的に扱いやすく、明るさも十分だからです。

あとで他のランタンを買ったとしても、LEDランタンはサブとして役立つので、最初に買っておいて損はありません。

参考 ≫ キャンプ用ランタンの種類と選び方

キャンプ用ランタンの種類と選び方 キャンプ用のランタンって、色んな種類があってどれを選べばいいか分からない人も多いと思います。 今回は、ランタンの種類や選び...

 

その8:テーブル

ソロキャンプに最低限必要な装備は10種類
食事や物を置くのに必要ですね。

選び方としては、高さに気を付けた方がいいです。イスを使うなら座面の高さに合わせ、地べたスタイルなら低い物を選びましょう。

サイズはコンパクトなものがおすすめ。「余裕を持って大きいもの」ってすると、持ち運びがめんどくさくなります。

参考 ≫ ソロキャンプ用テーブル、どれにする?【失敗しない選び方】

ソロキャンプ用テーブル、どれにする?【失敗しない選び方】ソロキャンプ用のテーブル選びにお悩みですか?本記事では、失敗しないテーブルの選び方を解説した上で、おすすめのソロキャンプ 用テーブルを紹介します。管理人の失敗談もあり。自分にぴったりのテーブルを見つけてください。...

 

その9:クーラーボックス

ソロキャンプに最低限必要な装備は10種類

生鮮食品や飲み物を保管するために必須です。
折りたためるソフトクーラーと、箱みたいなハードクーラーがあります。

夏に使う予定があるなら、保冷力の高いハードクーラーがおすすめ。

参考 ≫ 【ソロキャンプ向け】クーラーボックスを選ぼう【失敗談あり】

【ソロキャンプ向け】クーラーボックスを選ぼう【失敗談あり】 そんな疑問に応えるべく、本記事は「【ソロキャンプ向け】クーラーボックスを選ぼう【失敗談あり】」というテーマで書いていきますヽ(´...

 

その10:食器類

ソロキャンプに最低限必要な装備は10種類

とりあえずは、皿・カップ・はし・スプーンがあればOK。
今は100円ショップのアウトドアコーナーにも、割とおしゃれなキャンプ用食器がありますね

ちょっといい物でも、1,000円台で売られてたりします。

参考 ≫ ソロキャンプのおすすめ食器【紙皿を卒業しちょっとこだわりたい人へ】

ソロキャンプのおすすめ食器【紙皿を卒業しちょっとこだわりたい人へ】 こういった疑問に答えます。 記事の内容 ソロキャンプにおすすめの食器【5つを紹介】 ソロキャンプ用の食...

ソロキャンプの装備を最低限に抑える工夫

ソロキャンプの装備を最低限に抑える工夫

上記で最低限の装備を紹介してきましたが、装備を一通り買わずに済ませられる方法もあります。

その①:レンタルする

「キャンプを続けるかも分からないのに、装備を買い集めるのは抵抗がある、、」
そんな人にはキャンプ用品のレンタルがおすすめ。

ソロキャンプセットなんかもあるので、超お手軽です。

最初はレンタルでキャンプを経験してみて、楽しければ自分好みの装備を集める。
そうすれば無駄なく装備を集められますね。

参考 ≫ 「そらのした」でテントレンタルしてキャンプしてみた【口コミ・評判】

「そらのした」でテントレンタルしてキャンプしてみた【口コミ・評判】キャンプ用品や登山用品のレンタルに「そらのした」を検討している方向け。実際にレンタルした感想や、レンタル手順、レンタルできる物まで徹底解説します。結論、心づかいが感じられるサービスで大満足でした。...

 

その②:家の道具を使う

家にあって使えそうな物は、まずは買わなくていいと思います。
例えば、下記のような感じ。

  • クッカーは買わず、家のフライパンと鍋を使う
  • 寝袋は買わず、家の毛布を持っていく

僕も最初はそうしていました。
初期投資額を軽減したい人におすすめの方法です。

 

その③:キャンパーの友達に相談する

周りにキャンパーの友達がいる人にはおすすめの手段。

「キャンプを始めたい」って相談すれば、多分向こうも嬉しいはず。
使っていない物を貸してくれたり、一緒にキャンプに連れて行ってくれたり、装備選びの相談にも喜んで乗ってくれると思いますよ。

ソロキャンプで最低限必要な装備|まとめ

ソロキャンプで最低限必要な装備|まとめ

本記事は、「ソロキャンプで最低限必要な装備は10個【無駄なく揃える工夫も解説】」について書いてきました。

最低限の装備をまとめると、以下の10種類です。

  1. テント
  2. グランドシート
  3. 寝袋
  4. マット
  5. 焚火台orバーナー
  6. クッカー
  7. ランタン
  8. テーブル
  9. クーラーボックス
  10. 食器類

さらに、必要装備を抑える工夫としては下記3点。

  • その①:レンタルする
  • その②:家の道具を使う
  • その③:キャンパーの友達に相談する

本記事を参考に、無駄なく装備を揃えてもらえたら幸いです。
僕のように無駄な出費をしませんように・・・

それでは!

おすすめ記事

ソロキャンプ用テント選びのポイント5つとおすすめ紹介【経験談】ソロキャンプのテント選びでお悩みのあなた向けに、選び方のポイントを徹底解説した上でおすすめテントを紹介。種類・デザイン・価格帯・前室・収納性に注目し、あなたにピッタリのテントを見つけましょう!...
【究極ロースタイルキャンプ】地べたスタイルの快適さ そんな方に向けて地べたキャンプの心地よさをお伝えします。 僕はキャンプをする時にスノーピークの「ローチェア30」を長らく使...
【コンパクトな焚き火台選び】10台の焚き火台を使った僕がアドバイスコンパクトな焚き火台をお探しの方向け。実際に経験した焚き火台選びでの失敗談を交えつつ、選ぶ時の注意点と、おすすめの焚き火台4つを紹介します。数多くある焚き火台ですが、自分がどんな焚き火がしたいのかをイメージすると選びやすくなります。...
【ソロキャンプ】シングルバーナーの失敗しない選び方ソロキャンパー向けに、シングルバーナーの種類や2種類の燃料の違いなどを解説します。おすすめバーナーも紹介。シングルバーナー選びで迷っているあなたの参考になれば幸いです。...
【ソロキャンプ】クッカーは焦げ付き防止加工が超楽なのでおすすめですソロキャンプ用のクッカー選びでお悩みですか?そんな方には、調理がしやすい「焦げ付き加工ありの浅型クッカー」がおすすめ。ストレスなくキャンプ料理を作れるので重宝します。使いやすいクッカーを選んで美味しいキャンプ飯にありつきましょう。...
焚き火で使いやすいクッカーの条件【ブッシュクラフトにもおすすめ】 そんな疑問にお答えします。 ワイルド派のキャンパーやブッシュクラフターは、焚き火で料理をする人が多いと思います。どんなクッ...
キャンプ用ランタンの種類と選び方 キャンプ用のランタンって、色んな種類があってどれを選べばいいか分からない人も多いと思います。 今回は、ランタンの種類や選び...
ソロキャンプ用テーブル、どれにする?【失敗しない選び方】ソロキャンプ用のテーブル選びにお悩みですか?本記事では、失敗しないテーブルの選び方を解説した上で、おすすめのソロキャンプ 用テーブルを紹介します。管理人の失敗談もあり。自分にぴったりのテーブルを見つけてください。...
【ソロキャンプ向け】クーラーボックスを選ぼう【失敗談あり】 そんな疑問に応えるべく、本記事は「【ソロキャンプ向け】クーラーボックスを選ぼう【失敗談あり】」というテーマで書いていきますヽ(´...
ソロキャンプのおすすめ食器【紙皿を卒業しちょっとこだわりたい人へ】 こういった疑問に答えます。 記事の内容 ソロキャンプにおすすめの食器【5つを紹介】 ソロキャンプ用の食...
「そらのした」でテントレンタルしてキャンプしてみた【口コミ・評判】キャンプ用品や登山用品のレンタルに「そらのした」を検討している方向け。実際にレンタルした感想や、レンタル手順、レンタルできる物まで徹底解説します。結論、心づかいが感じられるサービスで大満足でした。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)