シェルター

薪ストーブが使えるテントの後悔しない選び方【条件は4つあります】

テント内で薪ストーブを使いたい!でも、どのテントでもストーブが使えるってわけじゃないよな、、、どんなテントを選べばいいんだろう?

こんにちは、T島です。薪ストーブを使おうと思うと、テント選びで悩みますよね。

本記事では、「薪ストーブが使えるテントの後悔しない選び方【条件は4つあります】」というテーマで、上記の疑問に答えていきます。

記事の内容

  • 薪ストーブが使えるテントの後悔しない選び方
  • テント内での薪ストーブ使用で注意すべき事

この記事を書いている僕は、雪国在住です。

冬は雪がかなり積もりますが、それでもキャンプに出かけます。なぜなら、薪ストーブでぬくぬく過ごす冬キャンプがたまらなく楽しいから。

薪ストーブを入れるためのテント選びでは、めちゃくちゃ悩んで徹底的にリサーチしました。

これまでに複数のテントで薪ストーブキャンプをしてきたので、その経験に基づいてテントの選び方を解説していきます。

薪ストーブが使えるテントの後悔しない選び方

テントはかなり高い買い物です。薪ストーブを使うにあたり、後悔しないようにテントを選びましょう。

僕が重要だと思うポイントは4つあります。

  1. スペースが十分にある事
  2. 煙突を外に出しやすい事
  3. コットン素材である事
  4. スカートが付いている事

それぞれ解説します。

テント選びのポイント①:スペースが十分にある事

テント内でストーブを使うには、広めのスペースが必要です。

  • 前室が広いテント
  • インナーが取り外し可能で土間スペースにできるテント

上記のテントだと、薪ストーブを起きやすいです。

狭すぎるとテントがストーブに触れて溶けちゃうので、スペースに余裕を持たせるのがおすすめ。

テント選びのポイント②:煙突を外に出しやすい事

煙突を外に伸ばす時、テントに触れないようにしなきゃです。触れるとテントが焦げちゃうので。

煙突を出しやすいテントは、以下のどちらかだと思います。

  • 煙突穴がついている
  • 出入り口がダブルジッパー

最初から煙突穴がついてテントや、煙突を出すためにベンチレーションが大きめになっているものもあります。

とはいえ、そんなに多くはないと思うので、出入り口がダブルジッパーのテントでもOK。

ダブルジッパーなら、好きなところに隙間を開けられます。

▲僕が使っているパンダTCはダブルジッパー。隙間を開けて煙突を出しています。

上記以外のテントでも煙突は出せますが、実際に試してみたところ「テントと煙突が触れそうで怖い」とヒヤヒヤでした。

テント選びのポイント②:コットン素材である事

コットン素材の利点、防火性と吸水性が頼りになります。

防火性

コットン素材は火の粉に強のが特徴。ポリエステルだと、火の粉が付くと一瞬で穴が空いちゃいます

薪はストーブ内で燃えているとはいえ、ストーブを開けた時なんかに火の粉が飛ぶ恐れは十分にあります。

コットン素材だったら、安心してテント内で薪ストーブを使えます。

吸水性

ポリエステル素材でもストーブは使えますが、結露がすごいです。

実際にポリエステル製のテントに薪ストーブをいれた時、「こんなに結露するのか」ってくらい水滴だらけでした

それに比べ、ポリコットンのテントだと結露の度合いが全然違い、水滴が垂れるようなことは全くなし。

コットンの吸水性にびっくりでした。

テント選びのポイント④:スカートが付いていること

スカートが付いていないと、テントと地面の隙間から冷気が入り込んできます。せっかくストーブで暖かくなっても、冷気が入り込んでは意味がありません。

冬にスカートなしのテントに泊まった時は、冷気で寒すぎてよく眠れませんでした。

濃いブラウンのヒラヒラがスカート。地面との隙間を塞いでくれます。

上記4つのポイントを満たすテント

上記のポイントを満たすテントを3つご紹介。

Tentipi ジルコン9CP

テンティピのワンポールテントにはいくつか種類がありますが、「CP」とついているものがポリコットン素材です。

かなり高価ですが、その分快適性が備わったテントです。何より、オシャレ。

Ogawa ピルツ15 T/C

8人用と大型なので、薪ストーブを入れつつグループやファミリーでのテント内キャンプができますね。

薪ストーブを囲んでパーティとか、めっちゃ楽しそう。

テンマクデザイン サーカスTC DX

上記2つよりグッと安く、お手頃です。

大人気のサーカスTCにサイドフラップ(出入り口のサイドの壁部分)がついたもの。冬でも雪や風の吹き込みを防げてバッチリですね。

テンマクデザインのテントは売り切れ状態が続いているため、在庫があるうちに手に入れたいところです。

テント内での薪ストーブ使用で注意すべき事

テント内で薪ストーブを使う際は、気をつけないと重大な事故に繋がります。

一酸化炭素中毒

テント内で薪を燃やすわけなので、一酸化炭素中毒には注意が必要です。目に見えないし臭いもないのでタチが悪い。

最悪死ぬらしいので、こまめに換気をしたり警報器を置いたりと対策はきちんとしておいた方がいいです。

火災

当たり前ですが、火を使うので火災には注意。

ストーブや煙突にテントが触れて溶けたり、焦げたり、燃えたりした事例がネット上でもチラホラ見受けられます。

ストーブと煙突はしっかり固定し、テントも幕がたるまないようにキチンと張るなど、気を配って設営しましょう。

薪ストーブが使えるテントの選び方:まとめ

本記事では、薪ストーブを使えるテントの選び方をまとめてきました。おさらいすると、

  1. スペースが十分にある事
  2. 煙突を外に出しやすい事
  3. コットン素材である事
  4. スカートが付いている事

おすすめテント

となります。

一酸化炭素中毒や火災には十分注意しつつ、暖かい時期のキャンプとは一味違った楽しさを味わってくださいね!

それでは!

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)