シェルター

ブッシュクラフトにテントは必要?選ぶならこの3条件を満たすものを!

ブッシュクラフトは自然の中で材料を調達しながら楽しむので、準備する道具は最小限のものです。

上級者になると、シェルター類は持ち込まず、木や葉っぱを組んで簡易的な家を作ってしまう人もいます。

でも、「いや、そこまではできないよ、、、」という人も多いですよね。

僕もさすがに木を集めて家を作ったことはありません(笑)。いつもタープ泊を基本とし、時にはハンモックとタープを組み合わせて寝泊まりしてきました。

「ブッシュクラフトで使う道具はこれじゃなきゃだめ」と決まっている訳ではないので、もちろんテントを持ち込むのもありです。

しかし僕は、

  • 荷物になるものは持ちたくない
  • 快適すぎるものは使いたくない

という自分の中でのこだわりから、テントを使ったことはありませんでした。

とはいえ、冬が近づきタープ泊も限界となって「テントじゃなきゃだめかなー」と悩み始めた時、ちょうどこんな動画を目にしたんです。

すっごくかっこいい動画ですよね!

この動画を見たら

「意外と荷物にならなそうだし、薪ストーブを入れれば冬でも外遊びができる。こういうテントならブッシュクラフトに持って行くのもありかも。」

と思うようになり、ブッシュクラフト用にテントを探すことにしました。

そこで今回は、ブッシュクラフトで使うテントの選び方を考えてみようと思います。

ブッシュクラフト用テントの3条件

僕がブッシュクラフト用テントを選ぶにあたって僕が重視したポイントは3つ。

  1. ポール替わりに木が使えること
  2. 薪ストーブが使いやすいこと
  3. 火の粉に強いコットン製であること

それぞれの条件について詳しく説明していきます。

ブッシュクラフト用テントの条件①:ポール替わりに木が使えること

荷物を小さくするために余計な付属部品を無くしたかったので、テント設営には現地の木を使えた方がいいと考えました。

現地の木の棒をポールとして使えれば、ドーム型テントのように専用のポールを持っていかなくて済みます。

つまり、幕1枚だけを持っていけばOK

木をポールとして使えるテントとなると、ワンポールテントかパップテントという選択肢に絞られました。

ブッシュクラフト用テントの条件②:薪ストーブが使いやすいこと

寒い時期もブッシュクラフトを楽しもうと思ったら、薪ストーブを中に入れられるテントでなければなりません。

  • メッシュインナーが取り外せない
  • 煙突を外に出しにくい

といったテントだと、ストーブを入れるのは難しいので注意が必要です。

ブッシュクラフト用テントの条件③:火の粉に強いコットン製であること

ブッシュクラフトでは焚き火をしている時間が長いので、火の粉が飛んでテントに穴が空く危険性が高いです。

こだわって選んだテントに穴が開いたら、テンションだだ下がりですよね。

そこで心強いのがコットン製の生地。ポリエステル製に比べて火の粉がついても穴が空く心配が少なくなります。

さらに、コットンは火に強いだけではなく、結露しにくいというメリットもあります。薪ストーブを使うと結露が激しいので、このメリットもかなりありがたいです。

ブッシュクラフトにぴったりなテントを発見

上記の条件に当てはまるテントを3つピックアップします。

テンマクデザイン パンダTC

テンマクデザインのパンダTC、一人で使うにはちょうどいいサイズで、自然に溶け込む色合いなのでブッシュクラフトにぴったり。

かなり人気のテントのようで、入荷しては売り切れという状態が続いているようです。

下記のテント等と悩み抜いた結果、僕はパンダTCを選びました >> 【パンダTCレビュー】ソロキャンプやブッシュクラフトにおすすめテント

【パンダTCレビュー】ソロキャンプやブッシュクラフトにおすすめテントテンマクデザインのパンダTCが気になっているあなたに向けて、実際に使って分かった特徴をまとめます。ネタバレすると、パンダTCは「火の粉や結露に強く、荷物を減らせて、設営と撤収が爆速」という素晴らしいテントです。冬は隙間風が気になるかもですが、簡単な対策をすれば解決。人気が出て、品切れが続いているみたいですね。...

ちなみに、パンダより大きめのサーカスというワンポールテントもあります。広めのテントでゆったり過ごしたい人にはサーカスの方が向いているかも。

テンマクデザイン 炎幕DX

パップテントの炎幕DX。こちらもテンマクデザイン製です。

パップテントは、上に向かって狭くなっていくワンポールテントに比べて中のスペースが広め。薪ストーブも入れやすいです。

さらにこの炎幕DXは、スカートが付いているため冬でも冷気が入り込みません。

僕が選んだパンダTCはスカートがなく、冬に絶望的な寒さを経験したので、その時は「炎幕DXにしておけばよかったな、、、」と後悔しました(°_°)

Tschum 2P SOSWA

僕が一番欲しかったのが、Tschum(チャン)の2P SOSWAというテントです。

というのも、僕がブッシュクラフト用にテントを買おうと思ったきっかけである、冒頭で紹介した動画でこのテントが使われていたから。

しかし、、、調べてみると結構お高め。とても手が出せる価格ではありませんでした( ;  ; )

予算に余裕がある人はチェックしてみてください。

2P SOSWA tent nut brown

参考記事:ブッシュクラフトにぴったりのテント【Tschum SOSWA】

ブッシュクラフトにぴったりのテント【Tschum SOSWA】 そんな方にぴったりのテントについて書いてみます。 (10万円を超えるテントです。それは流石に、、、という方は、こちらの記事...

ブッシュクラフト用テント:まとめ

ブッシュクラフトにテントは持って行くものなのか、またどんなテントがいいのかを考えてみました。

3つの条件をおさらいしておくと、

  1. ポール替わりに木が使えること
  2. 薪ストーブが使いやすいこと
  3. 火の粉に強いコットン製であること

となります。

この条件を参考に、お気に入りのテントを見つけてブッシュクラフトを楽しんでもらえたら嬉しく思います。

それでは!

本記事で紹介したテント

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)