シェルター

【ブッシュクラフト】テント・タープ・ハンモック、何に泊まるのがオススメ?

ブッシュクラフトって、何に泊まればいいんだろう?テント、タープ、ハンモック、自分には何が合っているか分からない。

そんな方に向けて、ブッシュクラフトのシェルターについて、テント泊・タープ泊・ハンモック泊のそれぞれを解説していきます。

ブッシュクラフトのシェルター、どれを使う?

キャンプの時はテントを使う人がほとんどだと思いますが、ブッシュクラフトとなるとテント以外の選択肢も出てきます。

それは、ブッシュクラフトが「最低限の装備で行うもの」という特徴があるから。

オートキャンプのように車に大量の荷物を積んで出かける訳ではないので、嵩張るテントよりもコンパクトなタープやハンモックを選ぶ人が多いです。

もちろんテントを使ってはいけないなんてことはなく、テントで快適に過ごすのもあり。

僕は、テント・タープ・ハンモックの全てを使った経験がありますが、それぞれに楽しさや味わえる雰囲気の違いがあるなぁ、と実感しました。

僕が使ってきたシェルターの変遷は下記の感じ。

①とりあえずソロキャンで使っていたテントでブッシュクラフトにチャレンジ

②もっとブッシュクラフト感を味わいたくタープ泊に変更

③夏で暑さと虫が気になり、涼しくて蚊帳もついているハンモックに変更

④冬用に薪ストーブを使えるワンポールテントへ変更

3種類のシェルターのメリット・デメリットが分かったので、今は季節や気分によって何を使うか選ぶようにしています。

テント・タープ・ハンモックの特徴【メリットとデメリット】

続いて、3種類のシェルターについてそれぞれの特徴をみていきます。

テント

テント泊のメリット

  • 快適さと安心感がある
  • 悪天候に強い

テント泊のデメリット

  • 嵩張る

 

テント泊のメリット1:快適さと安心感がある

やはりテントは居住性が高く、安心感があります。ジッパーで簡単に開け閉めできるし、インナーテントがあれば虫が入ってくる心配もありません。

野外で快適に寝泊まりできるように考えて作られているので、キャンプやブッシュクラフトの初心者でも安心して使うことができます。

テント泊のメリット2:悪天候に強い

タープ泊やハンモック泊は、雨で中が濡れる事があるし、風に簡単に煽られてしまいます。

その点、テントはある程度の雨風には耐えられるようになっているので安心です。

ハンモックを張ったものの急に風が出てきて泊まれそうになく、車に積んでいたテントを出して設営し、安心して泊まったという経験があります。

その時はテントの安心感にすごく感動しました。

テント泊のデメリット:嵩張る

フライシート、インナーテント、フレーム、ペグと、テントは設営のための道具が多くなります。

バックパックに装備を詰めて出かけるのが一般的なブッシュクラフトでは、テントは収納スペースを取りすぎかもしれません。

ワンポールテントなら、フライシートだけを持っていき、ポールとペグは現地で作れば設営できます。

なので、個人的にはブッシュクラフトにはワンポールテントがおすすめです。

詳しくはブッシュクラフトにテントは必要?選ぶならワンポールテントがおすすめをどうぞ。

タープ

タープ泊のメリット

  • コンパクト
  • 設営が楽
  • 張り方をアレンジできる

タープ泊のデメリット

  • 悪天候に弱い
  • 張り方を考えるのが面倒

タープ泊のメリット1:コンパクト

僕が使っているDDタープ(3m×3m)の収納サイズは、24cmx14cmx4cm。

コンパクトに収納できるので、荷物を少なくするブッシュクラフトにはぴったりの宿泊方法です。

タープ泊のメリット2:設営が楽

簡単な張り方にすれば、ほんの数分で設営できます。

テントのように、まずインナーテントを張って、フライシートを被せて、張り綱を張って、、、という色んな手順がなくて楽チン。

タープ泊のメリット3:張り方をアレンジできる

ビークフライ、ダイヤモンド、ステルス、、、などなど、シンプルな四角のタープなだけあって様々な張り方にアレンジできます。まるで折り紙みたい。

ネットで新しい張り方を探して実践してみるのが中々楽しかったりします。

タープ泊のデメリット1:悪天候に弱い

先ほども書きましたが、雨風に弱いので天気が悪い日はタープ泊はやめた方がいいです。

そもそも天気が悪ければブッシュクラフトには行かない、という人には関係ないですけどね。

タープ泊のデメリット2:張り方を考えるのが面倒

メリットとして紹介した「張り方をアレンジできる」というのは、「張り方を考えたり覚えたりするのは面倒」と感じる人にとっては逆にデメリットですね。

 

なお、タープ泊に関しては【初心者OK 】タープ泊がおすすめな3つの理由も参考にしてみてください。

ハンモック

ハンモック泊のメリット

  • 独特な浮遊感
  • コンパクト
  • 夏は涼しく冬は寒さを防げる
  • 地面の状況に左右されない

 

ハンモック泊のデメリット

  • 悪天候に弱い
  • 寝心地は好き嫌いが別れる

 

ハンモック泊のメリット1:独特な浮遊感

独特な浮遊感はハンモックでしか味わうことができません。座り心地のいいブランコのようなイメージです。

ハンモックに腰掛けて焚き火をみたり、お酒を飲んだり、読書をしたりすると幸せな気分になれます。

ハンモック泊のメリット2:コンパクト

タープ泊と同じく、ハンモックもコンパクトです。

ハンモックの上に張るタープと合わせてもあまり嵩張らないので、持ち運びに便利です。

ハンモック泊のメリット3:夏は涼しく冬は寒さを防げる

空中に浮いているので、夏は風通しがよく冬は冷たい地面に体を付けずに寝られます。

これはハンモックにしかない利点ですね。

ハンモック泊のメリット4:地面の状況に左右されない

これもハンモックならではのメリットですが、地面が濡れていたり傾斜があったりしても影響がありません。

平で整った地面が少ない場所では設営がしやすいです。

ハンモック泊のデメリット1:悪天候に弱い

前述の通り、テントとは違って雨風に弱いです。

ハンモックの場合、風がもろに当たるので強風の時は使わない方がいいかと思います。

ハンモック泊のデメリット2:寝心地は好き嫌いが別れる

浮遊感があって乗っていると気持ちがいいハンモック。しかし、寝るには窮屈だと感じるかもしれません。

個人的には、寝返りが打ちにくいことと腰が曲がった状態になる事から、少し寝にくいなと感じてしまいます。

寝心地が悪くて目が覚めるという事はありませんが、、、やっぱり平な地面で寝る方が楽ですね。

まとめ:自分に合いそうな装備で宿泊してみよう

以上、ブッシュクラフトでの宿泊方法としてテント・タープ・ハンモックの3つの特徴をみてきました。

それぞれメリットとデメリットを紹介しましたが、自分に一番合いそうだなというものは見つかりましたか?

無難なのはテントですが、タープとハンモックにもそれぞれの良さがありますし、なんだか玄人感も出ますよね。笑

どの装備を選ぶにしろ、設営方法をきちんと把握し、安全にブッシュクラフトを楽しんでくださいね。

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)