シェルター

ソロキャンプ用テントの選び方と種類別おすすめ【もう迷わない】

ソロキャンプをやりたい人「ソロキャンプ用にテントが欲しい。でも、種類が多すぎてよく分かりません。 どんな種類があるのか知った上で、後悔しないようなテントを選びたいです。」

こんにちは、T島です。

ソロキャンプの道具選びで一番大事かつ一番悩むのが、テント選びではないでしょうか?

本記事では、ソロキャンプ用のテントを探している方に向けて、選び方やおすすめテントの紹介を書いていきます。

記事の内容

  • ソロキャンプ用テントの選び方
  • おすすめソロキャンプ用テントを種類別に紹介

この記事を書いている僕は、キャンプ歴4年。自分でテントを3つ所有しており、キャンプ友達のテントも含めて10個以上のテントをみてきました。

そんな僕が、ソロキャンプ用テントの選び方について実体験に基づきつつ解説します。

ソロキャンプ用テントの選び方

テント選びの基準は、ざっくり以下の感じ。

  1. 種類
  2. デザイン
  3. 価格
  4. 前室
  5. 収納性

それぞれ解説していきますね。

ソロキャンプテントの選び方①:種類

色んなテントが存在しますが、大きく分けて3種類に分けることができます。

  • ドーム型テント
  • ワンポールテント
  • ワンタッチテント

ドーム型テント

もっとも一般的で、数が多いのがドーム型です。

2本のポールをクロスさせて立ち上げる物が多く、丸みを帯びた形なので中が広めです。風に強いのも特徴で、山岳用テントもドーム型が多いですね。

 

ワンポールテント

ワンポールテントは、その名の通り1本のポールで設営できるテント。ティピー型とも呼ばれます。

設営が簡単ですぐ終わることと、土間スペースを前室として使えるのが特徴。

テントの端をペグダウンして、テント内中央に1本ポールを立てれば設営完了。初心者が一人で設営するのも安心ですね。

ソロ用だと、テント内半分がインナーテント、残り半分は土間として使えるものが多いです。

 

ワンタッチ型テント

ワンタッチなので、お手軽さナンバー1です。

数秒でポールと幕を広げられます。大きな折り畳み傘を広げるようなイメージですね。

また、ポップアップ式というものもありまして、こちらは軽く投げるだけでボンっとテントが立ち上がる優れもの。

もはやホイポイカプセルです。

ただ、趣味としてキャンプを続けていきたい人は、こういったテントはあまりおすすめできません。

折り畳み傘を思い浮かべればわかる通り、部品の接合部分が多いため耐久性はあまり期待できないからです。

じゃあ、どんな人におすすめかと言うと

  • キャンプ未経験なので、とりあえず簡単にキャンプを経験したい人
  • 寝泊まりはあまりせず、日帰りのレジャーで使いたい人
  • 雨風の心配がない天気が良い日しかキャンプをしない人

あたりですかね。

経験談:ドーム型とワンポールテントを使ってきた感想

僕はこれまで、実際にドーム型とワンポールテントを使ってきました。どちらも4万円台と同じ価格帯のテントです。

その経験から両者を比較してみると

  • 設営と撤収:ドーム型はポールを組み立て、幕を被せて固定するのでちょい面倒。ワンポールは幕の中にポールを立てるだけ、ドーム型の5倍くらい早い。
  • 居住性:ドーム型は全体が広々。ワンポールはピラミッド型なので端が狭く、真ん中のポールも邪魔。

といった感じで、両者とも一長一短という所。

個人的には設営と撤収が簡単なワンポールの方が気に入っています。

ソロキャンプ用テントの選び方②:デザイン

ぶっちゃけ、どのテントにするかは最終的にデザインで決まると思います。

めっちゃ高性能なテントでも、デザインが気に入らなければ買わないって人が多いはず。

逆に、性能があまり高くなくても気に入ったデザインなら魅力を感じますよね。

なので、種類で絞った後に「かっこいい!(可愛い!)」って思ったテントを調べてみて、価格や性能に納得できれば購入、といった流れになると思います。

ソロキャンプ用テントの選び方③:価格

やっぱり、安いテントはまあそれなり。高いテントは作りが良いしこだわられてるなぁと感じます。

とはいえ、初心者が最初から高いテントを買うのも気が引けますよね。なので、

  • 「キャンプ楽しそうだな。とりあえず道具揃えてやってみよ」という初心者の方は安めのもので体験してみる
  • 「キャンプ超楽しい!そろそろこだわってテント選びするぜ!」という段階になったら良いものを買う

とすれば後悔しないと思います。

ソロキャンプ用テントの選び方④:前室の広さ

前室とは、寝るスペースであるインナーテントと外側のフライシートの間に当たる、いわば「玄関」のようなスペース。

前室が広ければ、タープがなくても前室の中で過ごすこともできます。

反対に、タープを設営するのなら、前室がないコンパクトタイプのテントを選ぶ人が多いです。

ソロキャンプ用テントの選び方⑤:収納性

移動手段によって、コンパクトに収納できた方が良いのか、大きめで問題ないのかが分かれます。

車移動の人はコンパクトさや軽さにこだわらなくて良いし、バイク移動ならコンパクトな方が良いですね。

バックパックに荷物を詰め込みたいという人は、山岳用の軽量コンパクトなものを選ぶと良いかもです。

ソロキャンプ用テント選び方を整理する

ここまで挙げてきた5つのポイントを整理すると、

種類を決めて検索 → 気に入ったデザインのテントの詳細を確認 → 価格・前室の広さ・収納性を見て納得できるものを選ぶ

という流れだと、失敗しにくいと思います。

おすすめソロキャンプ用テントを種類別に紹介

ドーム型、ワンポール型、ワンタッチ型の3種類に分けて、定番品やおすすめを紹介していきます。

この中に「お、かっこいいな」と思うものがあれば、リンク先で詳細情報を確認してみてください。

ドーム型:コスパ重視の人におすすめのテント

まずはコスパの良いドーム型テントから。

コールマン ツーリングドームST

▲ソロ用ドームテントの定番品、コールマン ツーリングドームST。1万円台なので初心者にもおすすめです。

前室が広めでなので荷物を置いておけるし、フライシートをポールで跳ねあげれば簡易的なタープにもなります。

FIELDOOR フィールドキャンプドーム100

▲10,000円を切りお手頃でありながら、設営が楽な吊り下げ式インナー・温度調節用ベンチレーション付き・頑丈なアルミ製自在金具と嬉しいポイントが多め。

ドーム型:前室の広さ重視の人におすすめのテント

広々した前室が魅力のテントはこちら。

ogawa ステイシーST-2

▲前室が広いテントといえば、ogawaのステイシー。僕も実際に持っていますが、前室に座ればタープいらずです。

また、前室の正面だけでなく両サイドも開け閉め可能なのが便利。フルオープンにすれば風通しが良く暑い日でも快適です。

参考記事:【ステイシーST-2 レビュー】前室の広さと簡単設営を求めるならこのテントです

【ステイシーST-2 レビュー】前室の広さと簡単設営を求めるならこのテントですこんにちは、T島です。 前室が広いテントを探していると、必ず検索結果に現れるogawaのステイシーST-2。 この記事をご覧...

 

スノーピーク アメニティドーム

▲ハイブランド、スノーピークの中では手を出しやすい価格帯のアメニティドーム。

低めのテント高は、快適さと耐久性を追求してたどり着いたもの。風にも強くて安心して寝泊まりできます。

スノーピーク ヘキサイーズ1

▲こちらもスノーピークのテント。なんと言ってもタープとテントが融合した独特のスタイルが特徴。

フライシートがタープになっているので、「前室」レベルじゃない広々したスペースがあります。

なんかもう、快適さを求めるならこれを選べば間違いないって感じですね。

参考記事:ヘキサイーズ1がソロキャンプで一石二鳥【快適さと軽装備を叶えてくれる】

ドーム型:コンパクトさ・軽さ重視の人におすすめのテント

装備を少なく、軽くしたいコンパクト派にはこちら。

Naturehike キャンピングテント

Naturehikeの商品は安いのにデザインが良く、使いやすいのが特徴。このテントも10,000円以下です。

重さはわずか1.5kgほどで、収納サイズは40×15cm。

MSR エリクサー1

▲クライマーが設立したMSR。安全・軽量・コンパクトなのが特徴です。

エリクサー1はソロ用のコンパクトテント。重さは約2kg、収納サイズは48×15cmです。

ワンポール型おすすめテント

続いて、ワンポール型をみていきましょう。

テンマクデザイン パンダTC

▲パンダTCは、ポリコットン製のワンポールテントです。

ポリエステルに比べて重いものの、コットンの特性である防火性と給水性が特徴。火の粉と結露に強いため、快適にキャンプを楽しめます。

僕は現在このパンダTCをメインで使っていますが、デザイン・設営の簡単さ・コットン素材の良さが合わさって最高のテントだと思います。

再販されてもすぐ売り切れ、という状況が続いているみたいですね(°_°)

参考記事:【パンダTCレビュー】ソロキャンプやブッシュクラフトにおすすめテント

【パンダTCレビュー】ソロキャンプやブッシュクラフトにおすすめテントテンマクデザインのパンダTCが気になっているあなたに向けて、実際に使って分かった特徴をまとめます。ネタバレすると、パンダTCは「火の粉や結露に強く、荷物を減らせて、設営と撤収が爆速」という素晴らしいテントです。冬は隙間風が気になるかもですが、簡単な対策をすれば解決。人気が出て、品切れが続いているみたいですね。...

 

BUNDOK ソロティピー

パンダTCと同じ形ですが、素材はポリエステルなため軽量。

10,000円以下なので、「ワンポールテント、試してみたいなー」という人にはちょうど良いですね。

ワンタッチ型おすすめテント

最後に、ワンタッチ型テントを3つご紹介。

DOD ワンタッチテント

▲ヒモを引くだけで設営できるワンタッチテント。10,000円以下でコスパ良し。シンプルなデザインもかっこいいですね。

DOD ライダーズバイクインテント

▲同じくDODから、前室が広いワンタッチテントも発売されています。

バイクを入れられるというコンセプトなので、広めの前室となっていてタープいらず。

コールマン クイックアップドーム

▲ポップアップ型なので、ちょっと広げれば勝手に立ち上がり、すぐに設営完了(フライシートは自分で被せます)。

さらに「ダークルームテクノロジー」で日光の90%以上を遮断するとのこと。最大温度差が13.5度というので驚きです。

ソロキャンプ用テントの選び方&おすすめ:まとめ

本記事では、前半でソロキャンプ用テントの選び方、後半で種類別のおすすめテントを紹介してきました。

選び方の基準をまとめておくと

  1. 種類(ドーム型・ワンポール・ワンタッチ)
  2. デザイン(最終的にデザインで決まる)
  3. 価格(初めは安く、慣れたら高め)
  4. 前室(広ければタープいらず)
  5. 収納性(移動手段に合わせよう)

となります。

数あるテントの中からお気に入りを見つけるのは中々大変ですが、本記事を参考に自分にぴったりのテントを見つけていただけたら嬉しいです!

それでは!

本記事で紹介したテント

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)