シェルター

パップテントの魅力とおすすめ4選【テントとタープのいいとこどり】

こんにちは、ワイルドなキャンプが大好きなT島(@t_tshima1991)です。

パップテントって、他のテントと比べてどうなの?おすすめはどれ?

本記事ではそんな疑問にお答えします。

記事の内容

  • パップテントがおすすめな理由は3つ
  • おすすめのパップテントを4種類紹介
  • おすすめパップテント|まとめ

この記事を書いている僕は、これまでドーム型テント、ワンポールテント、ハンモック泊、タープ泊と色んなキャンプをしてきました。

その中でずっと「パップテントがめっちゃ使いやすそう」と思っており、最近ようやく購入しました!

なぜパップテントに魅力を感じたのかや、買う際に悩んだパップテントをおすすめとして紹介しつつ、テント選びに悩んでいるあなたに向けて書いていきます。

パップテントがおすすめな理由は3つ

パップテントがおすすめな理由は3つ

下記の3つです。

  • タープいらず
  • 焚き火に強い
  • 過ごしやすい幕内

その①:タープいらず

パップテントは、張り上げた正面の幕がタープの役割を果たしてくれます。

テントとタープの両方を準備・設営する必要がなく、まさに一石二鳥。
持ち物と設営の手間が激減です。

その②:焚き火に強い

パップテントは丈夫なコットン製か、コットンとポリエステルを混ぜたポリコットン製がほとんど。

元々が軍用のテントなので丈夫に作られており、レジャー用として作られたモデルもその特徴を引き継いでいるみたいです。

コットンやポリコットンは、ポリエステルやナイロンに比べて火の粉に強く、近くで焚き火しやすいのが強み。

そんな理由で、張り上げた幕の下で安心して焚き火ができちゃうわけです。

その③:過ごしやすい幕内

幕内は2本のポールで立ち上げられており、余裕のあるスペースになっています。

片側半分を就寝スペース、もう半分は土間スペースとして道具を置いておけるので便利ですね。

経験談:ワンポールテントとタープ泊のはがゆさ

僕は設営が簡単なワンポールテントやタープ泊が好きなんですが、それぞれに弱点を感じていました。

  • ワンポールテント:ピラミッド型でテント上部が狭い。雨の場合タープがないと厳しい。
  • タープ泊:閉め切れる張り方が少なく、テントほどの居住性がない。

パップテントだと、上記の弱点が解消されます。

  • ポールが2本なのでテント上部まで広々
  • 幕を張り上げられるのでタープ不要
  • 張り上げた幕を閉じれば閉め切って就寝できる

設営はワンポールテントやタープ泊よりちょっと手間だけど、メリットの方が大きいと感じています。

おすすめのパップテントを4種類紹介

おすすめのパップテントを4種類紹介

下記の4種類です。

その①:アメリカ軍 パップテント

アメリカ軍のパップテントです。キャンプメーカーのものとはワイルド感が違いますね、、

元々ファスナーがついていない軍物にファスナーがつけてあるので、自分で改造する手間なし。

本格派の人におすすめです。

その②:炎幕シリーズ

テンマクデザインから、炎幕シリーズが3種類出ています。

炎幕

火の粉に強いコットン100%。
雨や砂が入りにくいバスタブ型のグランドシートが付属するのが嬉しいポイント。

キャンプ初心者でも安心して使えますね。

炎幕DX

炎幕にサイドパネルとスカートが付き、悪天候でも安心して使えるモデル。

サイドパネルは、正面の幕を張り上げた際の横の隙間を埋める幕。
横からの吹き込みに強くなっています。

スカートは幕と地面の隙間を埋めてくれるので、寒い時期は冷気の入り込みを防いでくれます。

冬キャンプでも使いたい人にはぴったりのテント。

炎幕DX EVO

炎幕DXを軽量・コンパクト化したのがEVO。

火の粉が当たる心配が少ない部分はポリエステルとなっており、その分およそ1kg軽量化。

その③:ソロベース

2019年にバンドックから発売され、一時売り切れていた人気商品。

ポリコットン製で2万円を切るパップテントは他にないので、人気なのもうなずけます。

パップテントが欲しいけど3、4万とかはキツイ、、と悩んでいる人にはおすすめ。
僕もこのテントに飛びつきました。笑

≫ ソロベースの詳細レビュー記事はこちら

【バンドック ソロベース レビュー】ソロキャンプ歴5年の僕が惚れたパップテントバンドックのパップテント「ソロベース」のメリットやデメリットを正直にレビュー。他のテントと比べてなぜ使いやすいのかも、ソロキャンプ歴4年の経験を基に解説します。...

その④:DD SuperLight A-Frame Tent

今回紹介する中で唯一のナイロン製。

コットン素材のような火の粉への強さはないけど、コンパクトさは別次元。
わずか730gで小さなバッグにも収まっちゃいます。

「テントの下で焚き火はしない」「収納性重視!」という人にはすごく魅力的ですね。

おすすめパップテント|まとめ

本記事は「【パップテントの魅力とおすすめ4選】テントとタープのいいとこどり」のテーマで書いてきました。

パップテントの魅力は下記3つ。

  • タープいらず
  • 焚き火に強い
  • 過ごしやすい幕内

パップテントひとつあれば、テントとタープどっちも持つ必要なし。
コットン製を選べばテントの下で焚き火もできちゃう優れもの。

中は広々で居住性もバッチリです。

僕はドーム型テントやワンポール、タープ泊など色んなキャンプをしてきましたが、パップテントの過ごしやすさには感動でした。

ちょっと高めで手が出しにくい印象だったけど、最近は2万円を切る「ソロベース」なんかも出てきたので、パップテントを使ってみたい人にはおすすめですよ!

それでは!

本記事で紹介したパップテント

おすすめ記事

【バンドック ソロベース レビュー】ソロキャンプ歴5年の僕が惚れたパップテントバンドックのパップテント「ソロベース」のメリットやデメリットを正直にレビュー。他のテントと比べてなぜ使いやすいのかも、ソロキャンプ歴4年の経験を基に解説します。...
ソロキャンプに前室広めのテントが超合う話【おすすめ5つを紹介】 こういった疑問に答えます。 記事の内容 ソロキャンプに前室広めなテントがおすすめな理由 【ソロキャンプ...

POSTED COMMENT

  1. […] 1人で普通に過ごす分にはデッドスペース問題はそこまで気にならないと思いますが、「広々していた方が良いな〜」って人はパップテントがおすすめです。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)