リビング

【コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント】これ1つでテント内20℃【レビュー】

冬キャンプの暖房について悩み中。コールマンの「遠赤ヒーターアタッチメント」が気になるけど、これ1つでどれくらい暖かいんだろう?かなり小さいけど、暖房器具として役立つのだろうか、、

そんな疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、冬キャンプでは薪ストーブや石油ストーブで暖をとってきました。

しかし、ストーブは大きくて重く持ち運びが大変。コンパクトな暖房器具を求めて、コールマンの「遠赤ヒーターアタッチメント」を使い始めました。

とりあえず、寒い時期のキャンプでは持っておいて損はないと思います
詳しくレビューしていきますので、3分ほどお付き合いください(`_´)ゞ

コールマン 遠赤ヒーターアタッチメントをレビューする【ポカポカです】

結論、すごく小さなヒーターなのに想像以上の暖かさで、かなり驚きでした。

ソロキャンプ用テントなら十分な暖房

テンマクデザインのパンダTCを張って試してみました。その日の状況は下記の感じです。

  • 外気温は9℃
  • 吐息が白い
  • 長袖のパーカーでかなり寒い

まだ冬ではないけど、夜はかなり冷えます。

 

弱火から試してみる

最初に、バーナーを弱火にしてヒーターアタッチメントを置いてみます。

10分後に幕内の温度を測ってみました。

結果は約13℃。外よりはかなり暖かく感じますが、ポカポカするって程ではありません。

そのままもう10分放置してみましたが、同じく13℃のままでした。

 

ちょっと火力アップ

バーナーの火力を少し上げてみます。中火くらいにすると、ヒーターアタッチメントの上部まで赤くなりました。

また10分程放置すると、、

温度はなんと20℃。入った瞬間に「あったけぇ!」と感動。上着を一枚脱いでいいくらいでした。

外気温がもっと下がる真冬でも、火力をあげれば大丈夫そうです。

グループキャンプでも暖かい

4人でのグループキャンプの際、コールマンのツールームテントに入れてみました。

石油ストーブを入れていたのですでに暖かかったものの、テント中央のテーブルにヒーターアタッチメントを置くと、体感温度がかなり上がりました。

「こんな小さいのに暖かくなるんだな」と他のメンバーも驚き。

メインのストーブを使いつつも、テーブルの上にヒーターアタッチメントを置く

という使い方が良さそうです。

コンパクトで持ち運びに便利

ヒーターアタッチメント最大のメリットは、シングルバーナーに乗るコンパクトさであること。他の暖房器具と比べたら圧倒的に小さいです。

  • 直径:約8cm
  • 高さ:約6cm
  • 重さ:約100g

直径8cm以上のウッドストーブやクッカーがあれば、すっぽり収納できます。

100gという軽さも圧倒的。

僕はこれまで、冬のソロキャンプでは薪ストーブを使っていたため、10キロ以上の荷物を運んでいました。

薪ストーブと比較すると、軽量化がえげつないです。10kg→100gですからね(°_°)

コールマン 遠赤ヒーターアタッチメントの使い方

バーナーに乗せるだけですが、一応対応するバーナーは限られています。

一緒に使うと便利なアイテムも合わせて紹介していきます。

対応しているバーナーはコールマン製

対応のバーナーはコールマンのシングルバーナー。コールマン公式サイトでは、「508、442」の2機種が挙げられています。

とはいえ、僕はSOTOのST-310で使っています。

対応機種ではないため自己責任ではありますが、ST-310で使っている人はたくさんいるようですね。

ST-310ならCB缶(家庭でよく使われるカセットボンベ缶)が燃料なので、コスパ良し。100均でも買えますしね。

 

クッカーも使えるので安心です

「ヒーターアタッチメントを置いたら、バーナーで料理できないんじゃない?」と思うかもですが、大丈夫です。

アタッチメントは上部までかなり高温になるので、その上にクッカーをおけば料理できます。

ST-310で使う場合の便利アイテム

ヒーターアタッチメントの輻射熱がすごいため、僕は念のため遮熱板を装着しています。

  • CB缶への熱が遮られて破裂の心配がなくなる
  • 下方向への熱を跳ね返して効率よく暖が取れる

1,000円台で上記の効果が得られるので、ST-310ユーザーにはすごくおすすめです。

風防で熱を反射させるのもあり

暖かさを無駄なく自分側に向けるため、風防を置くのも効果的。熱が反射して効率よく暖を取れます。

コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント レビュー:まとめ

ヒーターアタッチメントがあれば、ソロキャンプ用の小型テントなら十分暖かくなります。

グループキャンプでも、メインのストーブと合わせて使えば手元が暖かくて便利。

何より、超コンパクトで持ち運びに困らないので、ギアボックスに忍ばせておけば冬キャンプの心強い味方になりますよ。

僕はこの冬のソロキャンプはヒーターアタッチメントをメインに使っていくつもりです。

  • 日中:テントの外で焚き火しつつ料理
  • 夜:テント内でヒーターアタッチメントでぬくぬく晩酌

こんな感じの使い方になると思います。満足できる暖房器具に出会えて良かった\( ˆoˆ )/

ガチなストーブを買うよりかなり安上がりなので、「冬キャンプ用の暖房、何にしよう?」と悩んでいる人に、とりあえず試して欲しいアイテムです!

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)