リビング

コンパクト・軽量な寝袋はコレ!オールシーズン使える「キルト型」

こんにちは、Tシマ(@t_shima1031)です。

6年間使ってきたやっすい寝袋に限界を感じ、「軽くてコンパクトかつ、冬でも暖かい寝袋」を探して使い始めました!

「そんな都合のいい寝袋あるのかな、、、」と思っていましたが、あるもんですね。
すごいものを考える人がいるんだなと、感激です。

  • 装備の軽量化を目指していて、寝袋もコンパクトにしたい
  • 冬でも使える十分な暖かさだと、なお良いな

そんな考えで寝袋を探している人に、ぜひ読んでいただければと思います。

記事の内容

キルト型寝袋を知り、そして使い始めた時の感動を、共有できたら嬉しいです( ´ ▽ ` )

コンパクトで軽い「キルト型」寝袋

キルト型は対応温度が同じくらいの他の寝袋と比べて、軽くてコンパクトです。

キルト型とマミー型を比べてみる

例えば、スペックが近いキルト型のSEA TO SUMMIT エンバーEbⅢと、マミー型のモンベル シームレスダウンハガー#1を比べると、下記の通り。

  フィルパワー 温度域 重量
SEA TO SUMMIT エンバーEbⅢ 850+fp -4〜-10℃ 725g
モンベル シームレスダウンハガー#1 900fp -2〜-8℃ 807g

キルト型のエンバーEbⅢの方が、フィルパワーが弱くより低い温度に対応しているのに、約10%軽くなっています。(フィルパワーが弱いということは、同じ対応温度でもより多くダウンを使うことになります。)

さらにキルト型は、マミー型のようにフードやジッパーが付いていないので、その分収納しやすくコンパクト。

もともとUL(ウルトラライト)系の人が考えたスタイルということもあり、軽量・コンパクトな装備を目指す人にはピッタリです。

キルト型が軽量でコンパクトな理由

なぜキルト型が軽くてコンパクトかというと、「背中部分が無いから」です。

マミー型は体がすっぽり覆われるのに対し、キルト型は背中を包み込む部分が無いので、それだけ軽量でコンパクトになります。

掛け布団のような形なので、敷布団、つまりマットとうまく組み合わせて使うことになります。

キルト型寝袋は軽量・コンパクトでも暖かい

「掛け布団みたいな形より、マミー型で包み込まれた方が暖かそう」

と思う方もいると思います。というか、僕も最初はそこが不安でした。
しかし、一概にそうとも言えないみたいなんです。

潰されるダウンは意味がない

ダウンが暖かいのは、フワッと広がって中に「デッドエアー」と言われる動かない空気ができるからです。その空気が熱の動きを遮断して、暖かさを保ってくれます。

寝た時に体の下にくるダウンは、潰されてぺったんこになりますよね。
そうなると、空気を溜め込むことができず保温効果がなくなっちゃうんです。

暖かい寝袋に入っているのに、地面に接する背中などが寒いと感じたことはないですか?それはこういう理由だったわけですね。

「潰されて保温効果がないなら、その分のダウンを上に持っていっちゃえ!」というのが、キルト型シュラフの考え方。多くのダウンが体に乗ることで、より暖かくなるという仕組みです。

シンプルだけどすごく合理的な考え方ですよね。

敷布団としてのマットは必須

キルト型シュラフが掛け布団ということは、敷布団としてマットが重要な役割を果たします。

寒い時期は、冷気をしっかり遮断してくれるマットが必要です。まあ、マミー型シュラフを使う場合でもマットは必須だと思うので、そこは大差ないですね。

ただ、キルト型はマットと合わせてしっかりセッティングしないと、隙間から冷気が入り込んで寒くなります。

スタッフサックから出して中に入るだけのマミー型に比べて、セットに一手間かかるのがキルト型のデメリットかなと思います。

氷点下でも、問題なく睡眠可能

僕自身、正直なところ「冷気が入り込んで寒くなりそう」と不安がありました。
しかし、-2℃の雪上で宿泊したところ、十分暖かくて一安心。

家で最初に試した時、セッティングが下手で寒かったのですが、何度か試しつつ改善を繰り返すと寒さはなくなりました。

コツとしては、ベルトをきちんと閉めて寝袋を体に密着させ、体と寝袋の間に隙間を作らないことが重要だと思っています。

キルト型寝袋は、オールシーズン使える

冬はセッティングが必要なキルト型ですが、逆に暖かい時期は、ベルトを外して一枚の布団のように使えます。

これがまさに掛け布団のような感覚で、気軽にファサッと体にかけて寝られます。
夏の平地だとさすがに暑そうだけど、それ以外のシーンなら、薄い毛布感覚でも使えそう。

僕はなるべく広い季節で使えるよう、-10℃対応みたいなクラスは選びませんでした。2〜-4℃対応を選び、寒ければダウンジャケットと合わせて使い、暖かければ広げて毛布感覚で使うイメージです。

軽量・コンパクトなキルト型で、快適睡眠を

以上、キルト型の寝袋について書いてきました。

冬は少しセッティングの手間がありますが、軽くてコンパクトな寝袋を求めている人にはすごくおすすめです。

寒くても暖かくても使える汎用性も魅力なので、「これ1つ持っておけばOK」みたいな寝袋を求めている人にも向いていると思いますよ!

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)