焚き火

【煙突カバー自作】テントに薪ストーブをイン【15分・300円で完成】

冬のブッシュクラフトやキャンプで大活躍する薪ストーブ。テント内を暖かくしてくれますが、設置が中々面倒ですよね。

悩ましいのが、ストーブの煙突をテントから出すときに、テントに触れさせないようにする方法。

ネット上には自作の煙突カバーを作っている人が多くいますが、みなさん本格的。「安く簡単に作りたいな」と甘ったれな考えの僕には真似できず。

そこで、100円ショップの商品だけで簡単に煙突カバーを作る方法を模索しました。

本記事では、「材料費300円・制作時間15分」で煙突カバーを自作する方法を紹介します。

安くて簡単な煙突カバーの自作方法

それでは、300円と作業時間15分で簡単にできる煙突ガード作りを紹介します。

100円ショップで揃える道具

必要な道具は3つだけ。

  • ワイヤーバスケット2つ
  • ダブルクリップ

合計300円です!ペンチを持っていない人は、ワイヤーバスケットを切るためにペンチかニッパーなども買ってください。それでも400円。

作成手順

作り方はいたって簡単。

手順①:ワイヤーバスケットを切断

道具が準備できたら、ワイヤーバスケットを煙突の太さに合わせてペンチで切断します。

1つのワイヤーボックスにつき、両端の2ヶ所を切断。合計で4ヶ所を切り取る事になります。

 

このワイヤーバスケットを二つ合わせて煙突を挟む事になります。

煙突の幅より大きくワイヤーを切るとスカスカになって煙突に固定できないので、若干狭く切るイメージです。

ダブルクリップで固定

あとは二つのバスケットをダブルクリップでとめるだけ。

ダブルクリップは、大きすぎるとゆるゆるになってしまうので、ワイヤー2本を挟むのにちょうど良さそうなサイズをチョイス。

まずこのようにバスケットどうしをくっつけると、開け閉めができるようになります。

これを煙突にかぶせて

クリップで閉じるだけ。しっかり固定できるかが不安でしたが、ワイヤーがうまい具合に煙突に密着し、かなりがっちり固定されます。

これだけで完成。かかった時間は15分程度です。

自作煙突カバーの使用感

早速テントを張り、薪ストーブを入れて煙突ガードを取り付けてみました。テントの外から見るとこんな感じ。

内側からはこんな。

幕は全然熱くならず、しっかり保護できています\( ˆoˆ )/

しかし、ネットでよく見る傘立てを使ったカバーよりガードできる範囲が狭くなっています。

テントの張り方やジッパーの閉じ方をしっかりすればこれで十分対応できますが、心配な人はもう少し大きいワイヤーバスケットにすると良いかもです。

僕はコンパクトな方がいいので、小さめのバスケットで正解でした。

300円で簡単に作れるので、失敗したとしてもそこまで痛手ではありません!笑

テント用煙突カバーでお悩みの方は軽い気持ちで作って見てください!

それでは!

薪ストーブについてはこちらの記事をどうぞ

【ホンマ製作所 時計型薪ストーブレビュー 】でかいけどコスパ最高です こんにちは、T島です。薪ストーブに関して上記の疑問に答えます。 記事の内容 ホンマ製作所 時計型薪ストーブ ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)