焚き火

【コンパクト焚火台】秘密のグリルちゃんレビュー!ピコグリルを越えられるか!?

さて今回は、キャンプに欠かせない焚火台をご紹介。

DOD(ディーオーディー)から発売されている焚火台、「秘密のグリルちゃん」です。

今回は、まずこの「秘密のグリルちゃん」を紹介し、次にピコグリルとの比較をしてみます。

秘密のグリルちゃんのいいところ

まずはグリルちゃんのいいところを見ていきましょう!

秘密のグリルちゃんメリット①:コンパクト

この焚火台の特徴は、なんといってもそのコンパクトさ。届いてびっくりしました。

ちっさい!

ボールペンと比べるとこのくらいです。

細長いので、リュックや道具箱の中、車内に荷物を積み込んだ隙間などにスッとしまえます。バイクでキャンプに行く人なんかにはすごく良さそう。

ちなみに中身はこんな感じです。

秘密のグリルちゃんメリット②:お手頃価格

こちらのグリル、アマゾンで5,000円ほどで買いました。

もっと安い焚き火台も売られていますが、これ以上安いものになると作りが雑になってくる印象です。

そこそこ安くてそれなりに使えるのが欲しい!という人にはオススメできます。

秘密のグリルちゃんのイマイチなところ

次は反対にイマイチなところを正直にレビューしてみます。

秘密のグリルちゃんデメリット①:組み立てが面倒

焼き網というか、クッカー乗せるゴトクの部分。

これ、一本一本はめなきゃいけないんです。そして、はめてもすぐずれる。これはちょっとストレスですね〜

秘密のグリルちゃんデメリット②:薪をくべにくい

薪を置くスペースが狭いです。細い薪ならまだ大丈夫そうですが、ホームセンターなどで買ってそのままの太めの薪は入れられません。

薪を入れられず、結局焼き網の上に乗せることになっちゃいました。

薪割れよって話かもしれないけど、熟練キャンパーじゃないと薪割りまでする人は少ないですよね。

ゴトクを外せば薪を乗せやすくはなりますが、上記の通りゴトクは1本ずつ付け外ししなければならずかなり面倒いです。

追記:「グリルちゃん」の弱点を克服した「グリルさん」登場

上記2つデメリットを克服した「秘密のグリルさん」が発売されました!

形はそっくりですが、グリルちゃんの弱点が無くなっています。

  • 1本ずつはめていたゴトク→乗せるだけの簡単なゴトク
  • 大きな薪が乗せられない→サイズアップ&簡単に外せるゴトクで薪を乗せやすい

見事にグリルちゃんの弱点を克服してますね。薪を乗せやすいサイズになった分収納サイズは大きくなりましたが、使い勝手は格段に上がっているようです。

秘密のグリルちゃんとピコグリルの比較

さて、秘密のグリルちゃんについて色々書いてきましたが、ここからはピコグリルとの比較を書いてみましょう。(ピコグリル詳細記事はこちら

結果から言うと、僕にとって使いやすいのはピコグリルです。

が、もちろん人によってはグリルちゃんの方がいいと感じるかもしれません。

3つの視点から比較してみます。

グリルちゃんVSピコグリル①:携帯性=同点

どちらもコンパクトで持ち運びしやすいですこれは人によって好みが分かれますね。グリルちゃんは縦長スリムで、ピコグリルは薄型A4サイズです。

グリルちゃんVSピコグリル②:価格帯=グリルちゃん圧勝

ピコグリルは約13,000円、グリルちゃんが現在約6,000円なので、ほぼ2倍の価格差です。

キャンプやブッシュクラフトを始めてみようという段階だと、焚き火台以外にも揃えるものがたくさんありますよね。

焚き火台だけにお金をかけていられないと思います。

ピコグリルは、「もっと高くて良い道具を揃えよう」と考えるある程度の経験者でないとなかなか手を出しづらい値段ですね。

グリルちゃんVSピコグリル③:使いやすさ=ピコグリル圧勝

使いやすさに関しては、前述した通り、グリルちゃんの組み立ての仕方や薪のくべにくさは残念でした。

その点ピコグリルは快適に焚き火を楽しめます

組み立てや片付けもあっという間だし、大きな薪もガンガンくべられます。紹介記事にも書きましたが、スピットの使い勝手もすごくいいです。

まあ、倍のお値段なのでそうでなくては困りますが(^^;

追記:グリルさん登場でピコグリルに近づいた

グリルちゃんよりゴトクの設置が楽になり、大きな薪も乗せられるようになったグリルさん。

グリルさんなら、焚き火のしやすさでピコグリルに近づいてます。

グリルちゃんよりはピコグリルの方がおすすめだけど、グリルさんとピコグリルなら結構いい勝負ですね。

秘密のグリルちゃんとピコグリル、選ぶ際のポイント

グリルちゃん(またはグリルさん)とピコグリルで悩んでいる場合、経験に応じて選ぶのが良いと思います。

初めて焚き火台を買う人は、比較的安めなグリルちゃん(またはグリルさん)を買って使ってみるとよさそうです。

使っているうちに、自分が焚き火台に求めるものが分かってきます。その結果、ピコグリルではなくて別の焚き火台が欲しくなるかもしれませんしね。

焚き火を何回もやった上でこの2つの選択肢にたどり着いた人は、ピコグリルを買った方が満足度が高いでしょう。

僕個人的にも、今まで色々な焚き火台を使ってきてピコグリルがダントツで一番使いやすいです。

以上、2つの焚き火台を比較してみました!じっくり悩んで、自分に合った焚き火台をみつけてくださいね。

おすすめ記事

【ピコグリル398詳細レビュー】コンパクトなのに薪を乗せやすい最強焚火台 ソロキャンパーに大人気の焚き火台、ピコグリル。最近はその名前を聞く機会が増えてきたように感じます。 今回は、ピコグリルにつ...
【コンパクトな焚き火台選び】10台の焚き火台を使った僕がアドバイスコンパクトな焚き火台をお探しの方向け。実際に経験した焚き火台選びでの失敗談を交えつつ、選ぶ時の注意点と、おすすめの焚き火台4つを紹介します。数多くある焚き火台ですが、自分がどんな焚き火がしたいのかをイメージすると選びやすくなります。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)