焚き火

蒸し器が焚き火台として有能すぎる【コンパクトにスタッキング可能】

こんにちは、T島です。

蒸し器が焚き火台として使えるらしいけど、実際の使い勝手はどうなんだろう?焚き火台を買うより安いし、ちょっと気になるな、、

そんな方向けの記事です。

この記事を書いている僕は、今まで色んな焚き火台を使ってきましたが、最近「蒸し器」を使い始めてどハマりしております。

「安いし、ちょっと試そ〜」くらいの気持ちで使ってみたら、あまりに使いやすくて驚き(°_°)

本記事では、焚き火台としての蒸し器の魅力から、スタッキングの例なども紹介していきます。

記事の内容

  • 蒸し器が焚き火台として有能すぎる【ポイント5つ】
  • 蒸し器を焚き火台にしたらスタッキングしやすくなった

それでは、2〜3分お付き合いくださいませ(`_´)ゞ

蒸し器が焚き火台として有能すぎる【ポイント5つ】

蒸し器が焚き火台として使えると聞き、「確かに良さそうだな」と思って使ってみました。

結論、超良いです。マジでおすすめできます。
おすすめポイントは、下記の通り。

  • ①安い
  • ②組立不要
  • ③コンパクト
  • ④燃焼効率が良い
  • ⑤直火感覚で使える

蒸し器のおすすめポイント①:安い

ネットでも買えるし、ホームセンターにも売ってます。値段は1,000円もしません。
僕は、庶民の味方ダイソーにて、250円で購入。

焚き火台って、安くても2,000〜3,000円しますよね。それがたった250円で済むとか、ダイソー様に感謝感激雨霰でございます。

蒸し器のおすすめポイント②:組立不要

ほぼ全ての焚き火台は、部品が何個かあって組み立てる必要がありますよね。

足の部分を広げる→本体を上に乗せる

みたいな感じ。

しかし蒸し器の場合、使う時に広げ、片付けは閉じるだけ。1秒で展開でき、超簡単です。

蒸し器のおすすめポイント③:コンパクト

ダイソーの蒸し器のサイズは以下の通りです。

  • 直径:14cm弱
  • 高さ:7cm弱
  • 重さ:162グラム

(※クッカーに入れるため、ちょっと削りました。直径と重さがもとより若干小さくなってます。)

手に収まるサイズで、かなりコンパクト。こんな焚き火台、あまり無いですよね。

「コンパクトなのは良いけど、大きな薪は乗せられないんじゃない?」

と思うかもしれません。

確かに、40cmとかのガッツリした薪には小さすぎかも。とはいえ、落ちている木を薪として使う場合には、ちょうど良いサイズ感。

僕は薪を現地調達する派なので、「大きすぎず、小さすぎず」な絶妙なサイズ感がしっくりきました。

ちょっと大きめがいい人は、貝印の蒸し器だと、大サイズを選べます。

蒸し器のおすすめポイント④:燃焼効率が良い

見ての通り穴だらけなので、下からガンガン空気が入ります。

燃焼効率が良いと薪が炭になって残りにくく、片付けやすくなりますよ。

蒸し器のおすすめポイント⑤:直火感覚で使える

ワイルドなキャンプが好きな人って、直火を好む人が多いと思います。

直火で焚き火をしたくても、直火禁止のキャンプ場が多いため、しょうがなく焚き火台を使う人も多いはず。

そんな時、蒸し器は

  • 足が短め
  • 箱状でなくほぼ平面

と言う特徴から、直火で焚き火している気分になれます。

※とはいえ地面へのダメージがありますので、場所を考えつつ、防炎シートを使うのもいいと思います。

蒸し器を焚き火台にしたらスタッキングしやすくなった

蒸し器は焚き火台として優秀なだけでなく、スタッキングも良い感じにしてくれました。

浅型円形のクッカーにスタッキング可能

ダイソーの蒸し器のサイズは下記でした。

  • 直径14cm弱
  • 高さ7cm弱

蒸し器によってサイズは若干違うと思いますが、浅型で円形のクッカーならキレイに収まると思います。

スタッキングしたい場合は、クッカーのサイズを確認してみてください。

蒸し器の中に収納可能

蒸し器をちょっと広げて、中に食材を突っ込んだり

冬のソロキャンプの相棒、コールマンのヒーターアタッチメントが収まったり

クッカーに蒸し器を入れ、さらに蒸し器の中に小物類を詰められたりもできるので、スタッキングにかなり役立ってます。

  • 食糧を収納▼
  • バーナーとヒーターアタッチメントを収納▼

僕の場合「ソロストーブポット」を使っておりまして、深めのポットなので入れられる量が多いです。

蒸し器の外側をちょっと削る必要がありますが、かなりスタッキングしやすくなりました。

ちなみに、ソロストーブポットは焚き火で使えるクッカーとしてかなりおすすめ。気になる方はこちらの記事もご覧くださいませ▼

ソロストーブポット1800の口コミ・レビュー【結論:満足です】 そんな疑問に答えます。 記事の内容 ソロストーブポット1800の口コミ・レビュー【結論:満足です】 ソ...

焚き火台選びに悩んでいる人は、激安なので試す価値あり

以上、蒸し器の焚き火台としての魅力について語ってきました。

ちょっとでも「良さそうだな」と思った方は、250円で手軽に試せるのでぜひお試しください( ´ ▽ ` )

※なお、蒸し器本来の用途では無いため、試される場合は自己責任で、地面への影響など考慮しつつ使ってくださいね!

それでは!

 

蒸し器を使って焚き火をした様子です

 

焚き火台に関するおすすめ記事

【コンパクトな焚き火台選び】10台の焚き火台を使った僕がアドバイス

【失敗から学んだ】キャンプで料理しやすい焚き火台の条件と厳選4つを紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)