ハウトゥ

キャンプで使うレジャーシートは100均で十分な理由

こんにちは、Tシマです。

ソロキャンプはイスより地べたスタイル派なんですが、地面に敷くシートは、かれこれ5年くらい100均のレジャーシートを使っています。

キャンプ用レジャーシートを調べると、防水性やクッション性が高いものがおすすめされてることが多いです。僕も以前はそういう物がいいと思ってたけど、今はそこまでのスペックは必要ないと感じています。

今回は、僕が地べたスタイルのキャンプで100均レジャーシートを使う理由をまとめてみます。レジャーシートを探している人の参考になれば嬉しいです。

YouTubeインスタもやってます。ブログや動画の更新情報はTwitterでお知らせします。

キャンプで使うレジャーシートは100均で十分な理由

僕が100均のレジャーシートを好んで使う理由は、2つあります。

100均でいい理由①:レジャーシートは気兼ねなく使いたいから

キャンプでレジャーシートを使うと、気を付けていても結構すぐに穴が空きます。

  • 焚き火をしていて火の粉が飛ぶ
  • 尖ったもの(刈られた植物の根元の部分とか)に刺さる

主にこの2つが原因で、簡単に穴が空いちゃうんですよね。

僕はソロキャンプを始めて初期の頃、テント用のちょっと良いグランドシートの上に座って地べたスタイルを楽しんでいました。

丈夫な210デニールかつ耐水圧1,500mmで6千円もしたシートなのに、一回の焚き火で小さな穴が無数に空いて、テンションだだ下がり。

それ以来、地べたスタイルで使うシートは消耗品だと割り切り、100均のレジャーシートを使うようになりました。

火の粉が飛んだり枝が刺さったりで穴が空きまくっても、100円だからショックは受けません。

安いから、ボロボロになったら遠慮なく買い替えられます。僕は家に余分に一枚ストックしています。

100均でいい理由②:レジャーシートの防水性は最低限でいいから

地面に敷くものだから「高い耐水圧が必要」と思われがちだけど、実際はそこまでの性能はいらないと思っています。

なぜなら、そもそも地面がぐちゃぐちゃに濡れている場所でキャンプをしようとは思わないからです。

朝露や前日の雨が乾ききっていない少し濡れた地面に座ることはあっても、地面がぐっちゃぐちゃな状況でキャンプする人は少ないと思います。

つまり、レジャーシートは「少し濡れていても大丈夫」くらいのスペックで十分で、高すぎる耐水圧はオーバースペックだと思うんです(テントの下に敷くグランドシートは耐水圧大事)。

実際に100均のシートで少し湿った地面に座ってみても、じわじわ水が染みてくる、みたいな経験はありません。

地べたスタイルはレジャーシート+マットがおすすめ

レジャーシートは100均で十分だけど、さすがにそれ1枚だと固い地面では尻が痛いです。なので、シートの上にはクッション性のあるフォームマットを敷いて座るのがベター。おすすめは定番のサーマレスト。

寝る時のマットとしてすでに持っている人はそれを使えばいいし、まだ持っていない人はこれ一枚で日中の座布団と寝る時のマットになるから一石二鳥。

フカフカして座り心地が良くなるし、寒い時期は冷気を遮断してくれます。

(コスパ重視な人はキャプテンスタッグのEVAフォームマットがおすすめだけど、座り心地と冷気の遮断性はサーマレストに劣ります)

クッション性のあるレジャーシートは微妙

厚手でクッション性の高いレジャーシートなんかも売られてるけど、個人的には寝る時用のフォームマットの方がおすすめ。

厚手とはいえ寝る時用のマットよりはクッション性がないし、通常の薄手のレジャーシートよりかなり嵩張るのもデメリット。

「微妙なクッション性で、わりと嵩張る」みたいな中途半端なイメージです。

レジャーシートには「高すぎる耐水圧」とか「クッション性」みたいな付加価値は必要なく、「地面の汚れを防ぐ」という機能だけでいいと思うんです。

補足:マットひとつだと寝る時に困る

マットを敷くならレジャーシートいらなくね?と思う方もいるかもです。

確かにその通りだし僕もたまにやりますが、地面に敷いて使ったマットを寝る時にテントに入れると、少なからずテントが汚れるんですよね。

テント内を汚したくない場合は、マットはレジャーシートの上に敷くのがおすすめです。

100均レジャーシートはコンパクト化にもつながる

100均のレジャーシートなら、その最低限の機能ゆえにペラペラで荷物になりません。

クッションには寝る時のマットを使うことで、「座るためだけの道具」に荷物量を割かなくて済むわけです。イスとレジャーシートを比べたらすごい違い。

僕はキャンプ道具の軽量化でいちばん最初にやったのが、イスからレジャーシートへの変更でした。

「別に小型軽量化を目指しているわけじゃない」って人でも、荷物が少ないに越したことは思うので、薄いレジャーシート+フォームマットの組み合わせはおすすめです。

キャンプ用にレジャーシートを探している人は、とりあえず100均のシートで試してみてもいいかもしれません。

人気記事【究極ロースタイルキャンプ】地べたスタイルの快適さ

【究極ロースタイルキャンプ】地べたスタイルの快適さ そんな方に向けて地べたキャンプの心地よさをお伝えします。 僕はキャンプをする時にスノーピークの「ローチェア30」を長らく使...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)