ノウハウ

【安上がり】キャンプ用品レンタルサービスで簡単にキャンプしよう

キャンプをやってみたいけれど、キャンプ道具を集めるのってかなり大変そう。レンタルもできるっぽいから、まずはレンタルしてみた方がいいかな・・・でも、どこから借りたらいいんだろう?

そんなあなたに向けて、キャンプ大好き(経験数4年)の僕がキャンプ用品レンタルについて解説します。

記事の内容

  • レンタルすべきキャンプ道具を考えよう
  • おすすめのキャンプ用品レンタルサービス3選

ここ数年はキャンプ人気が高まっており「キャンプやってみたい!」という人が増えていますね。

しかし、いざキャンプを始めようと思って最初に悩むのがキャンプ道具の準備。

  • そもそも何がいるの?
  • 全部買ったら相当な額になりそう
  • 買っても収納場所がないな

そんなあなたの悩みを解決してくれるのが、キャンプ用品のレンタルサービス。ググってみると色々なサービスが出てきます。

そんな中で今回は「ニーズ別に3つだけ」キャンプ用品レンタルサービスを紹介します。そもそも、どんな道具が必要かという話から、サービスの紹介までしていきます。

レンタルすべきキャンプ道具を考えよう

キャンプに必要な道具を一通りあげてみます。

宿泊・リビング系

  • テント
  • マット
  • 寝袋
  • タープ
  • テーブル
  • イス
  • ランタン

調理・食事系

  • クッカー(鍋類)
  • ガスコンロ
  • バーベキューグリル
  • クーラーボックス

上記の中で、レンタルするものと自分で用意するものを判断していけばOKです。

「とりあえず1回キャンプに行ってみるだけで、その後キャンプを続けるかは分からない」という人は、全部レンタルでいいですね。

「キャンプを始めたいけれど、とりあえず最初はレンタルで」という人は、マットやイスなど安いものは自分で買いつつ、テントやタープなど大型のものはレンタルで試してみるのがおすすめ。

おすすめのキャンプ用品レンタルサービス3選

  • CAMPDAYS:今時のおしゃれなキャンプ用品を使ってみたい方向け
  • そらのした:小物類まで幅広い道具をレンタルしたい方
  • DMMレンタル:キャンプ用品と合わせて他ジャンルもレンタルしたい方

上記の通り。

「CAMPDAYS」と「そらのした」は、アウトドア用品専用のレンタルサービス。セットレンタルもあるので、初心者でも選びやすいです。

DMMは多岐に渡るジャンルの商品をレンタルしていて、その中でキャンプ道具も揃っているといった感じ。

アウトドア専門ではないのでセットはありませんが、カメラやドローンなどプラスアルファで「あると楽しい道具」もレンタルできるのが強みです。

それぞれ詳しくみていきましょう。

キャンプデイズとそらのしたの比較

この2つは似ているレンタルサービスですが、扱っている商品はそれぞれ特徴があります。

キャンプデイズ

おしゃれなキャンプをしたい人には、「CAMPDAYS」がおすすめ。

スノーピークやテンマクデザイン、ノルディスクといったおしゃれキャンパーが使っているような道具がセットレンタルされています▼



あとは、5,000円以上のレンタルで送料無料なのが嬉しいですね。ほぼ確実に5,000円は超えると思うので。

クッカーなどの小物類は扱っていないので、自分で準備する必要があります。

そらのした

そらのした」は、テントやタープだけでなく、クッカーやダッチオーブン、クーラーボックスなど様々なキャンプ用品が揃えられています

セットで基本的な道具をレンタルしつつ必要な小物も追加しておけば、必要なもの全てをカバーできますね▼



まとめると、

  • CAMPDAYS:小物類は自分で買いつつ、大型の道具はオシャレなものをレンタルしたい人
  • そらのした:自分で買うのは消耗品くらいにして、あとは全てレンタルに頼りたい人

といった感じです。それぞれのサイトをのぞいてみて、自分が必要な道具と合う方を選びましょう。

「そらのした」で実際にレンタルしました

友人とキャンプをする際2ルームテントを使いたかったのですが、自分では持っていないためレンタルしました。

「そらのした」にコールマンの2ルームテントがあったので、それを選択。

詳しくは「そらのした」でテントレンタルしてキャンプしてみた【口コミ・評判】をご覧ください。

「そらのした」でテントレンタルしてキャンプしてみた【口コミ・評判】キャンプ道具のレンタルサービスは、「キャンプ道具が高くて買えない人」や「たまにしかキャンプしないので買うほどでもない人」にすごく便利。 ...

DMMは誰におすすめ?

DMMは「いろいろレンタル」というサービスで、アウトドア用品専門ではありません。

なので、基本的なキャンプ用品はレンタルできますが、それほど種類は多くないです。

しかし、ジャンルを超えてレンタル可能なのが強み。例えば、アクションカメラやドローンも一緒に借りて、キャンプの様子を撮影するとか楽しそう。

子ども用遊具もあったりするので、ファミリーに良さそうです▼



まとめ:レンタル用品でのキャンプは手軽すぎる

以上、キャンプ用品のレンタルサービスをまとめてみました。どのサービスも、一人当たりで計算すれば数千円でキャンプを楽しめる計算になります。

最初から数万円かけて道具を集めても、下手したら後悔するかも。それなら、まずは一通りレンタルする、もしくはテントなど大型の道具だけレンタルでやってみるのがおすすめ。

僕は、5万円以上のキャンプ道具を一気に買って、今はそのほとんどを使っていないという笑えない失敗をしました( ;∀;)

この記事を最後まで読んでくれたあなたには、僕みたいなアホな後悔はせず効率よくキャンプ道具を揃えてもらえたらと思います!

それでは!

 

おすすめ記事

≫「そらのした」でテントレンタルしてキャンプしてみた【口コミ・評判】

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)