ハウトゥ

キャンプの洗い物を簡単にするには、結局「家で洗う」が一番な話

こんにちは、Tシマです。

キャンプを始めるにあたって、「洗い物ってどうするんだろう?」と疑問を持つ人がいるかもしれません。

キャンプ場によって洗い場の様子は違うし、「洗剤の使用禁止」みたいなルールがある場合もあります。

今回はこれからキャンプを始めようとしている人むけに、キャンプでの洗い物の様子や、僕が思う楽な洗い物のやり方をまとめてみます。

キャンプの洗い物は家に持ち帰るのがいちばん楽

個人的には、キャンプで出た洗い物は家に帰ってから済ませるのがいちばん楽だと思っています。

なぜなら、お湯や洗剤が使えずに油汚れが落ちず、結局家で洗い直して二度手間になりがちだからです。

お湯は使えないキャンプ場がほとんど

食器の汚れは、やっぱりお湯を使えないと綺麗に落ちませんよね。特に油ものは、水と洗剤で洗っただけだとベタベタが残って家で洗い直すこともしばしば。

だけど、お湯が出るキャンプ場はかなり少なめ。僕は今まで数十カ所のキャンプ場に行きましたが、お湯が使えたのは一カ所だけでした。

水をバーナーで沸かすって手もあるけど、個人的にはやってみて「洗い物のためにわざわざ何やってんだろ」とか「燃料勿体無いな〜」なんて思っちゃいました。

洗剤も使えない場所がある

お湯だけでなく、洗剤も自由に使うことができない場所はちらほらあります。「洗剤禁止」とか「備え付けの環境にやさしい洗剤じゃないとダメ」とかです。

これは自然環境を配慮してのことだし、そのキャンプ場のルールだから守らなきゃですね。

普通に洗剤を使えるキャンプ場も多いけれど、前述の通りお湯が出なければ油は落ちにくいので、結局家で洗うのが楽だな〜となるわけです。

キャンプ場での洗い物は時間がかかる

お湯と洗剤の問題以外にも、キャンプ場が混んでいれば洗い場が空くのを待つ場合もあるし、洗った後は乾くのを待ったりと、時間がかかるのがネックになってきます。

上記の理由から、キャンプの洗い物は家に持ち帰ってやるのが、結局いちばん簡単だと思っています。

キャンプの洗い物を簡単にするための工夫

洗い物を家に持ち帰る前段階で、やっておくと楽なことを紹介します。

コーティングされたクッカーを使う

テフロン加工などのコーティングがしてあるクッカーだと、拭き取るだけで大体の汚れが落ちるから簡単。

僕はコーティングなしのクッカーを長年使ってきましたが、焦げ付くと汚れが取れにくいんですよね。

コーティングされたクッカーを使い始めてからは、片付けが楽で助かっています。

エバニューのUL/ALUナベ700をレビュー!炊飯だけじゃない魅力最近、エバニューのUL/ALUナベ700とU.L. Pot900を使い始めました。 かなり悩んだ末にこの2つを組み合わせて使うこと...

湯沸かしメインのクッカーならコーティングなしでいいけど、焼いたり煮たり調理をするものはコーティングありの方が洗い物が簡単です。

調味料を皿に残さない

焼肉のタレとかマヨネーズとかが皿に残ってると洗い物で困るし、ティッシュで拭き取るにしても何枚も使うことになります。

調味料を皿に入れて付けて食べるんじゃなくて、食べ物の上に適量をかけるとかにすると皿が汚れにくいです。

とはいえ、片付けのことをあれこれ考えながら食事するのはストレスなので、ちょっと意識してストレスない程度にやっておくのがおすすめ。

大体の汚れはティッシュで拭き取る

汁とかソース的なものがべったり付いた状態で持ち帰るのも、それはそれで萎えるので、簡単に拭き取っちゃうと後が楽。

最後はビニール袋にまとめて突っ込んで持ち帰るだけ。帰宅後に台所で快適に洗い物です。

料理を簡単にする

キャンプ料理を楽しみにしている人には向かないけど、レトルトなどの簡単飯だと、洗い物も手間も荷物量も減っていいことだらけ。

「レトルトかよ、、」と思う人もいるかもしれませんが、今時のレトルト、めちゃくちゃレベル高いです。

しかもクーラーボックスまでいらなくなったりするので、面倒なことを減らしたい人にはおすすめです。

キャンプにクーラーボックスはいらない?使用をやめて思うことキャンプで必需品というイメージが強いクーラーボックス。でも、「クーラーボックス、なくしてみたいな…」と考える人も少なからずいると思います...

ストレスがかかるほどのことはやらない

そのほか、ラップを皿に巻くとか、使い捨ての紙皿を使うとかの方法もあるけど、僕はやっていません。

ラップを皿に巻くと、食事中に邪魔だし気分も微妙です。使い捨て紙皿は楽だけど、毎回買っては捨てるの繰り返しで金の無駄遣いな気がするし、エコじゃない感じもします。

徹底し過ぎず、ズボラ過ぎずみたいな感じで片付けを簡単にして行って、こんなスタイルになりました。

洗い物の簡単さが、キャンプの楽しさにつながる

本記事では、僕なりのキャンプでの洗い物の仕方をまとめてきました。
あれこれ書いたけど、結局は単純にめんどくさいことがしたくないだけ。笑

キャンプって楽しいけど面倒なこともたくさんあって、面倒くささの原因は「準備」と「片付け」が大半だと思うんです。準備はウキウキ気分だからまだましで、億劫なのが片付け。

片付けの中でもかなりの「面倒くさい度」を占める洗い物を楽にすることで、キャンプの面倒ごとが結構減って、気軽にキャンプに行けるようになると思います。

面倒くさがりの人に、参考になれば嬉しいです。

おすすめ記事

エバニューのUL/ALUナベ700をレビュー!炊飯だけじゃない魅力最近、エバニューのUL/ALUナベ700とU.L. Pot900を使い始めました。 かなり悩んだ末にこの2つを組み合わせて使うこと...
キャンプにクーラーボックスはいらない?使用をやめて思うことキャンプで必需品というイメージが強いクーラーボックス。でも、「クーラーボックス、なくしてみたいな…」と考える人も少なからずいると思います...
キャンプの「面倒くさい」を減らす工夫5選【飽きたのかもしれない】こんにちは、Tシマ(@t_tshima1991)です。 キャンプ歴7年になりますが、面倒なことを削り続けて気楽にキャンプを楽しむよ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)