ノウハウ

ソロキャンプの始め方【初心者向けに徹底解説】

ソロキャンプを始めたい人「ソロキャンプを始める時に準備すべき事は何?どんな流れでソロキャンプをすればいいのか知りたい!」

最近はソロキャンプ人気が上昇中ですが、いざ始めようと思うと、何からやったらいいか分からないものですよね。

そんなあなたに向けて、本記事は「ソロキャンプの始め方【初心者向けに徹底解説】」というテーマで書いていきます。

記事の内容

  • ソロキャンプの始め方
  • ソロキャンプでの過ごし方

この記事を書いている僕は、グループキャンプにハマった後、より自由で気ままなソロキャンプも好きになって没頭してきました。

ソロキャンプを始める時に分からなかった事や不安だった事、また、後悔した事も含めながら初心者の方向けに書いていこうと思います。

これからソロキャンデビューを目指すあなたの参考になれば嬉しいです(´∀`)

ソロキャンプの始め方

ソロキャンプを始めるための準備と、やっておいた方がいい事をまとめていきます。

ソロキャンプの始め方①:初心者は安めの道具を揃えよう

ソロキャンプを始めるには、キャンプ道具が必要ですね。

個人的には、最初は安めの道具で始めるのがオススメです。

なぜなら、最初から良いものを揃えても、「自分には合わないな、、、」となる場合があるからです。

体験談:キャンプスタイルが変わると道具も変わる話

僕は最初「便利な道具で快適なキャンプ」を目指してソロキャンプを始めました。

しかし、実際にソロキャンプデビューして「少ない道具でワイルドなキャンプ」が好きになり、せっかく集めた道具の多くが無駄になり失笑。

  • 快適キャンプ:キャリーカートいっぱいの道具で快適にキャンプをする
  • ワイルドキャンプ:バックパック1つで、現地にある木なども利用しながらキャンプをする

こんな感じでキャンプスタイルが変わった事で、使う道具がかなり変化しました。

当初買い集めた合計10万円以上の道具がクローゼットに眠っており、クローゼットを開けるたびに萎えます、、、

※どのくらい使う道具が変わったかはソロキャンプとブッシュクラフト装備の違い【全装備一覧】をご覧ください。

キャンプ経験がないのにいきなり良い道具を集めても、使わなくなってしまったら勿体無いですよね。

まずは安くて評判の良い道具を揃え、自分のキャンプスタイルが定まってきたら少しずつこだわりの道具を集めていくと良いと思います。

>>  初心者の方が道具選びで失敗しないように、別記事にまとめています:ソロキャンプ道具の揃え方【こんな買い方はもったいない】

ソロキャンプの始め方②:キャンプ道具の使い方は事前に調べておこう

キャンプ道具を買ったら、実際にキャンプに行く前に使い方を理解しておくのがオススメ。

説明書を読んだりYouTubeで調べたりして、簡単に把握しておくといいです。

なぜなら、使い方が分からないままキャンプ場に行くと、設営だけで時間と労力を使ってしまうからです。

特にテントは、初めての設営だとよく分からないことが多いです。

  • 「最初はどこから組み立てるの?」
  • 「この部品はどこに取り付けるの?」
  • 「ていうかこの部品何?」

みたいな感じ。

経験談①:夏の設営で手間取るとツライ

特に夏は、炎天下の中、説明書を読みながら設営をするのは地獄です。僕も初めての頃経験があります。

暑いのになかなか設営できずイライラするし、設営を終えただけで夏バテ気味。

それでは楽しみにしていたソロキャンプが嫌な思い出になってしまいます(°_°)

経験談②:電波が届かないキャンプ場だと調べられない

僕は山のキャンプ場に行った時、電波が届かず、スマホが使えなかったことがあります。

そんな状況だと、動画の解説を見ながら設営するなんてことはできません。

まあ、そもそもソロキャンプ初心者で電波の届かないキャンプ場に行くのは控えた方がいいですね(^^;

なので、軽く「どうやって設営するのかなー」くらいはチェックしておきましょう!

ソロキャンプの始め方③キャンプ場を調べて予約しよう

キャンプ場を選ぶ際は、下記の方法がオススメです。

  • キャンプ場検索サイト「なっぷ」
  • グーグルマップ
  • 市町村のホームページ

それぞれ簡単に説明します。

キャンプ場検索方法①:キャンプ場検索サイト「なっぷ」

「なっぷ」は、国内最大級のキャンプ場検索サイトです。

写真や口コミが掲載されているだけでなく、予約もできちゃう優れもの。

ただ、小さなキャンプ場だと掲載されていないかもです。

>> なっぷでキャンプ場を検索してみる

キャンプ場検索方法②:グーグルマップ

思いのほか便利で、「キャンプ場」で検索するとかなりマイナーなキャンプ場も表示されます。

近くのスーパーや温泉などもついでに調べられるので便利。

キャンプ場検索方法③:市町村のホームページ

サイトではヒットしないキャンプ場が見つかる事があります。

市町村管理のキャンプ場だと利用料が安いところが多く、ありがたいです。

ソロキャンプでの過ごし方

ここからは、当日にどんな流れでキャンプをするのか、一例として紹介します。

①:買い出し

まずはスーパーで食料や消耗品を買い出し。

ソロキャンプのいいところは、人に合わせず自分の好きなものだけを買えることです。

買い忘れには注意しましょう!

②:チェックイン

キャンプ場についたら、受付でチェックインを済ませます。

受付表の記入、レンタル用品を借りる、料金を払う、といったことを済ませます。

③:場所選び&道具の搬入

受付を済ませたら場所選び。

人がいて賑やかなところ、人が少なく静かなところ、トイレや炊事場の近く、、、などなど、自分好みの場所を選びましょう。

場所を決めたら道具を搬入します。

キャンプ場によっては搬入用のリヤカーなどがある場合も。最近は自分のワゴンを持っているキャンパーも多いですね。

荷物が多いと搬入が大変なので、初心者のうちは車でキャンプサイトまでいけるオートキャンプ場だと楽チンです。

④:設営

テントやタープを設営し、チェアやテーブルを並べます。

事前に設営方法を確認してあれば、割とスムーズにできると思います。

快適に過ごせるよう、風向きや日が差す方向を考慮して設営しましょう。

⑤:昼ごはん

設営を済ませたら、キャンプの醍醐味、キャンプ飯。

外で食べる料理はなぜだかすごく美味しいんですよね。

⑥:のんびりタイム

昼寝、読書、スマホで動画など、ゆったり過ごすもよし。近くを散歩したりするのも楽しいです。

ソロキャンプならではの、一人きりのリラックスタイムですね。ああ至福。

個人的には、近くの温泉まで行ってお風呂に入るのが好きです。さっぱりしてキャンプ場に戻ってからの一杯がたまりません。

⑦:夜ご飯

ランタンの灯りだけだと調理しにくいので、日が落ちて暗くなる前に作り始めましょう。

調味料類の忘れ物に注意!

⑧:焚き火

キャンプの醍醐味、焚き火。

揺れる炎を見ながらお酒を飲むのはたまらない贅沢タイムです。

⑨:早めの就寝

キャンプ場によっては、焚き火の制限時間や消灯時間が決められている場合があるので、確認しておきましょう。

制限がなくても、早めに寝るのがおすすめです。

なぜなら、翌朝は日差しや周りのキャンパーの声に起こされる事が多いから。夜更かしすると、思ったより睡眠時間が少なくなりがちです。

⑩:朝食

自然の中でのモーニングコーヒーは格別です。

撤収が控えているので、片付けを簡単に済ませられるように軽めの朝食がおすすめ。

11:後片付け・チェックアウト

キャンプ場によってチェックアウト時間が決まっています。

初キャンプの場合、片付けに結構時間がかかるので、余裕を持って撤収作業を始めましょう。

 

あくまで一例ですが、ソロキャンプの過ごし方の紹介しました。未経験の方は、なんとなくイメージが湧きましたかね?

まとめ:事前準備をしっかりとして憧れのソロキャンプに挑戦しよう

本記事は「「ソロキャンプの始め方【初心者向けに徹底解説】」という内容で書いてきました。

事前準備の要点をまとめると、

  • ソロキャンプ初心者は安めの道具を揃えよう
  • キャンプ道具の使い方は事前に調べておこう
  • キャンプ場を調べて予約しよう

 

それなりに準備をきちんとすれば、初めてのソロキャンプでも安心して楽しめると思います。

あなたが無事ソロキャンプデビューを果たし、キャンプが大好きになる事を願っていますヽ(´▽`)/

それでは!

▼参考記事

ソロキャンプ道具の揃え方【こんな買い方はもったいない】 こんにちは、T島です。 ソロキャンデビューする際、「どんな道具がいるんだろう?」と疑問を持つ人が多いと思います。 僕...
【ソロキャンプ】テントとタープ両方必要?結論:一張り二役がおすすめソロキャンプを始めようとしている方の中で といった疑問を持っている人って、結構多いのではないでしょうか。 結...
ヘキサイーズ1がソロキャンプで一石二鳥【快適さと軽装備を叶えてくれる】ソロキャンプ用テントにヘキサイーズ1を検討している方向けに、ヘキサイーズ1がソロキャンプにピッタリな理由を説明します。「装備を減らしたい」、「設営を簡単に済ませたい」という人にはピッタリなテントです。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)