ノウハウ

【ソロキャンプ】いらないものを区別して無駄なく装備を揃える方法

ソロキャンプを始めるにあたってありがちな失敗が、無駄に道具を集めすぎてしまうこと。

「この道具、高かったのに使ってないな・・・」

というのはキャンパーあるあるだと思います。本記事では、無駄なくソロキャンプの道具を揃えたいあなたに向けて、そのコツを紹介します。

結論から言うと「重要度の高い道具だけでキャンプに行ってみる」のがおすすめです。

それではさっそく見ていきましょうヽ(´▽`)/

ソロキャンプにいらないものまで揃えてしまう理由

次の2つが大きいと思います。

①:自分のキャンプスタイルが定まっていない

一口にソロキャンプといっても、人それぞれのスタイルがあります。

  • 多くの道具を持ち込み快適に過ごすスタイル
  • 少ない道具で楽しむミニマムスタイル
  • 食事にこだわりキャンプ飯を楽しむスタイル
  • 昼寝や読書、焚き火を重視したリラックススタイル

などなど。

キャンプで何を重視するか定まっていないのに色んな道具を買い集めると、無駄な買い物をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

②:「道具集め」が目的になっている

僕の経験談ですが、キャンプをすることが目的だったはずなのに、いつしかネットで見つけたかっこいい道具を集めることが楽しくなってしまった時期があります笑。

それでつい買っちゃっても、実際キャンプに行ってみたらあまり使わない、なんてことになりがち。

ソロキャンプに必要性の高いものリスト

では、どうしたら無駄なく道具を集められるのか。

すごく当たり前のことですが、まずは絶対に必要な道具を集めましょう

「いるかどうか分からないけど、かっこいいから欲しい」ぐらいのものならまずはぐっとこらえることが大事。

具体的に必要性の高い道具をあげてみます。

テント・タープ

泊まるためにテントは必須だし、快適に過ごすならタープもあった方がいいです。

最初からテントとタープの両方を揃えなくても、前室付きのテントを選べばタープは不要になります。

反対に、タープだけでタープ泊をすればテントいらずで荷物もコンパクト。

 

クッカー類

調理のために必要ですが、まずは鍋とフライパンがあれば十分だと思います。キャンプ料理にこだわりを持ち始めたら、色んな調理器具を揃えましょう。

寝袋・マット

暖かい季節なら安いもので十分です。

寒い時期にキャンプデビューする人は良い寝袋があった方が安心。

地面に直で寝るのはかなりキツいので、マットも必須です。

CAPTAIN STAG EVAフォームマット
created by Rinker

椅子・テーブル

キャンプ場で過ごすためには必要ですね。椅子は長時間座っているものなので、安すぎるものだとすぐに壊れたり、腰が痛くなってしまったりするかもしれません。

僕は「座り心地の良さと寝られる背もたれの高さ」を求めてローチェア30を選択しました。

テーブルは、高さやサイズによって使い勝手がかなり違ってきます。自分に合うものを見つけましょう。

焚き火台

地面に直火で焚き火をすることを禁止しているキャンプ場が多くあるので、必要な場合が多いです。

バーベキューコンロと焚き火台を兼用できるものを選ぶと、道具を減らせます。

ヘキサステンレスファイアグリル キャプテンスタッグ ブラックラベル
created by Rinker

簡単に料理したければ、バーナーを使うのがおすすめ

SOTO(ソト) レギュレーターストーブ ST-310
SOTO(ソト)

クーラーボックス

食料を持ち込むのに必須です。長時間保つ保冷剤が売られていますが、1泊ならスーパーでもらえる氷を入れておけば十分だと思います。

参考記事:【ソロキャンプ向け】クーラーボックスを選ぼう【失敗談あり】

小物類は100円ショップで

皿、コップ、箸などの食器類や調味料入れ、包丁やまな板、ライター、着火剤など、100円ショップでも意外と多くのキャンプグッズが売られています。

まずは安く済ませ、自分のこだわりがわかってきたら良いものを買うと効率的です。

以上のものをまず揃えれば、ソロキャンプを楽しむことができると思います。

ソロキャンプにはいらないかも?要検討リスト

次は、反対に最初には準備する必要がなさそうな道具を挙げてみます。

高機能なウェア

アウトドア用の高機能ウェアがありますが、とりあえずは今持っている服でキャンプに行ってみましょう。

僕は、ちょっと高めのウェアを着てキャンプに行ったら、焚き火で火の粉が飛んで溶けてしまったことがあります。それからは、あまり良いものを着ないようにしています笑

こだわり調理器具

最初からこだわりの調理器具を買って、使わなくなってしまった友人を何人か見てきました。

  • ダッヂオーブンを買ったけど手入れが面倒になって使っていない
  • 燻製器を買ったけれど、結局スーパーでスモークチーズを買っちゃう
  • ハンドドリップ用のコーヒー道具一式を揃えたけど、面倒でインスタントコーヒーばかり飲んでいる

などなど。

これも、何度かキャンプに行ってみれば自分にとって必要かどうかが分かってくるので、最初から揃える必要はないでしょう。

おしゃれな整理整頓グッズ

種類ごとに分類した収納ケースや荷物を置いて置くラックなど、一見キャンプサイトを華やかに飾ってくれそうなグッズ。

しかし、意外とそのもの自体が邪魔になったり、かえって荷物をごちゃごちゃにしてしまったりします。

 

他にも、色んなキャンプ道具が売られている中で自分に必要か見極めるには

とりあえずは買わずに一回キャンプに行き、そこで本当に必要かを冷静に考える

ことが大切だと思います。

ソロキャンプにいらないものを区別する:まとめ

今回は、「ソロキャンプで無駄なく道具を揃える方法」について書いてきました。

不要な道具をたくさん買って後悔しないためにも、まずは最低限必要なものを集めてキャンプに行ってみてるのがおすすめです。

何度かキャンプを楽しむ中で、自分のスタイルが固まってきたらこだわりの道具を集めて行ってみましょう。

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)