リビング

【スノーピーク ローチェア30 レビュー】寝れるし家でも使える万能チェア

こんにちは、T島です。

みなさん、キャンプ用のチェアはどのようにして選びましたか?

  • 色んなチェアを比べてお気に入りを見つけた
  • 評判がいいものを選んで買った
  • ホームセンターの安いものを使っている

などなど、いろんな人がいると思います。

僕は1人でブッシュクラフトをする時は地べたスタイルなのでイスを使いませんが、グループキャンプの時はローチェア30を使っています。

キャンプ用品の中でもチェア選びにはかなり時間をかけ、納得できるものを探した結果スノーピークのローチェア30に行き着きました。

チェア選びにこだわった理由は

チェアはキャンプ中に接している時間がダントツで一番長いギアだから

に尽きます。

例えば、午前10時からキャンプを始めて夜10時に寝るとしたら12時間

途中立ち上がっている時間を差し引いたとしても、8時間くらいは座っているのではないでしょうか。

そう考えたら、「いい物を使いたいなぁ」ってなりますよね。笑

本記事では、キャンプ用にチェアを探している方やローチェア30の購入を迷っている人に向けて、レビューや他のチェアとの比較などを書いていきます。

記事の内容

  • スノーピーク ローチェア30のメリットとデメリット【レビュー】
  • スノーピーク ローチェア30と他のチェアの比較

それではすこしだけお付き合いください( ̄▽ ̄)

スノーピーク ローチェア30のメリットとデメリット【レビュー】

具体的なレビューに入っていきます。メリットとデメリットは下記の通り。

メリット

  • 座り心地が良い
  • デザインがかっこいい
  • 家でも使える

デメリット

  • 収納サイズが大きい
  • 価格が高い

それぞれ詳しく見ていきます。

ローチェア30のメリット①:座り心地が良い

チェアで一番大事な要素である座り心地。ローチェア30の座り心地の良さはかなりレベルが高いと思います。

座面の張りがある

ホームセンターなどで売られている1,000円ちょいのアウトドアチェアに座ったことがある人は分かると思いますが、座面に張りが無いですよね。

キャンプ初心者の頃はそれでも満足だったのですが、長年続けていると座り心地を求めるようになりました。

ローチェア30は丈夫な布がパンっと張られているので、座った時にあまり沈み込ません。

最初に座った時は座り心地の良さに驚きました。

背もたれはギリ頭を預けられる高さ

僕は背もたれに寄りかかって楽な体勢でキャンプを楽しみたかったし、できれば頭を預けられるくらいの背もたれの高さが欲しいと思っていました。

ローチェア30は、深く腰掛けてお行儀よく座ると頭は預けられません。

とはいえ、こんなにいい姿勢でくつろぎはしませんね。

くつろぐ体勢になるとちょうどよく頭が乗ります。
※ちなみに僕の身長は171cmです。

こんな感じで合計何時間寝たことか、、、笑

ロースタイルはやみつきになる

これはよく語られることですが、ロースタイルキャンプは足を投げ出してゆったりくつろげたり、タープ内の空間が広くなったりというメリットがあります。

僕はローチェア30で初めてロースタイルを経験しましたが、くつろぎやすくてやみつきになりました。

アクティブに楽しむより、のんびり過ごしたい派の人にはロースタイルは凄く合っていると思います。

ローチェア30のメリット②:デザインがかっこいい

さすがスノーピークといったデザイン。かっこよくておしゃれですね。

自然に調和する色合いがいい感じです。

個人的には、肘掛けが竹でできているのがさりげないおしゃれポイントだと思っています。肌触りも良いですし。

ローチェア30のメリット③:家でも使える

座り心地の良さとおしゃれなデザイン性から、家で使っても違和感なしです。

むしろ、普通のソファーを置いていた時よりも訪れた友人からの評判が良いです。

ローチェア30のデメリット①:収納サイズが大きい

折りたたんでもこのくらいのサイズ感です。

コンパクトに折りたためる軽量なチェアもたくさんある中で、このサイズは中々大きな方ですね。

しかし、車でキャンプに行く場合は特に問題はないですね。

ローチェア30のデメリット②:価格が高い

ぶっちゃけ、キャンプ用のチェアに17,000円は「マジか…」ってなりました。

とはいえ、

  • 他の色んなチェアと座り比べてみた結果僕にとっては一番座り心地が良かった
  • 先述のように、チェアはキャンプ道具の中で一番使用時間が長い道具

という事を考えたら、ちょっと値が張っても納得できるものを選んだ方が良いのかな、と思います。

よくよく考えてみたら、家でも使えるのであれば妥当な金額かなとも思えてきます。

スノーピーク ローチェア30:他のチェアとの比較

僕がローチェア30を購入した際、最後まで悩んだ他の2つのチェアと、悩んだポイントをあげておきます。

前提として、チェアに求めた条件は以下の2つです。

  • 座り心地が良い事
  • 頭を預けられる事

比較1:ヘリノックス サンセットチェア

コンパクトに収納できる事で有名なヘリノックスのチェア。ローチェア30と比べたら、収納サイズは全然違います。

その点で気持ちがかなりサンセットチェアに傾いていましたが、実際に座ってみると座り心地があまり好きではありませんでした。

吊り下げ式で、いわばハンモックのような作りのチェアなため、腰回りが包まれるような感覚があるんです。

それが好きだという人もたくさんいると思いますが、僕は常に生地に包み込まれているのが窮屈に感じてしまいました。

包まれるような座り心地が好きなら、迷わずサンセットチェアですね。

比較2:コールマン レイチェア

レイチェアは、その名の通り背もたれを深く倒して寝る事ができるチェアです。

頭を預けられるどころか寝る体勢にまでなれるので、かなり惹かれました。

店頭で試してみると、座り心地も良いし倒して寝た感じも凄くくつろげて気に入りました。

しかし、僕が買おうとしていた時はまだ緑と赤の2色しか発売されていなかったのです。

凄く気に入ったのに、デザイン性がどうしても納得いかず、かっこいいローチェア30を選択しました。

なお、現在はオリーブベージュのレイチェアが発売されて、すごく良い感じの色合いです。

まとめ:納得のいくチェアを選んで快適に過ごそう

記事をまとめます。

・ローチェアのメリット:座り心地が良い、デザインが良い、家でも使える

・ローチェアのデメリット:収納サイズが大きい(車ならOK)、価格が高い(使い心地と家での使用も考えたら妥当)

・サンセットチェアとの争点:収納性と座り心地

・レイチェアとの争点:座り心地とデザイン

チェア選びで悩んでいる人や、ローチェア30が気になっている人の参考になれば嬉しく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)