リビング

ソーヤー マイクロスクィーズをレビュー。選んだ理由と使用感

真夏の登山で初めて水不足に陥り、浄水器の必要性を感じてSAWYER(ソーヤー)のマイクロスクィーズを購入しました。

本記事では、ソーヤーミニやカタダインのビーフリーと悩んだ末にマイクロスクィーズを選んだ理由や、実際の使用感、僕の水の運搬方法などをまとめてみます。

Tシマです。YouTubeインスタもやってます。ブログや動画の更新情報はTwitterでお知らせします。

ソーヤー マイクロスクィーズの特徴

マイクロスクィーズの特徴は下記の通りです。

  • 全長12cm、直径4.5cm
  • 53g
  • フィルター孔0.1ミクロン
  • バクテリア除去率99.99999%
  • 微生物除去率99.9999%

フィルター本体の他に、1Lパウチ、ストロー、洗浄用の注射器、パウチやペットボトルと接続するリングが同梱されています。

使用方法は、洗浄したい水をパウチに入れてフィルターを取り付け、水を出すだけ。

パウチでなくペットボトルにも接続できます。付属のストローで川などから直接飲むことも可能。多分やることないけど。

使用後は浄水した水を逆方向に流すことで、フィルターを洗浄します。
付属の注射器を使って飲み口側から水を流します。

注射器を使わなくても、付属のリングを使えばパウチやペットボトルと飲み口を接続できるので、これで洗浄してもOK。

注射器よりもリングの方が嵩張らず持ち運びに便利です。

洗浄後は本体を振って水気を取り除きます。水気が残りカビが繁殖してしまったとしても、カビ菌が浄水した水に混入する可能性は限りなく低いとのことで安心です。

マイクロスクイーズを選んだ理由

浄水器の購入にあたり、マイクロスクィーズとともに候補に上がったのが、同じくソーヤーのミニとカタダインのビーフリーでした。

ソーヤーミニ

浄水器といえば代表的でいちばん有名なのがソーヤーミニだと思います。

最初は何も考えずこれにしようと思ったけれど、使用動画を見ていて気になったのが浄水スピード。

チョロチョロとしか水が出ず、浄水に結構時間がかかりそうだったので他の浄水器を探し始めました。

カタダイン ビーフリー

ビーフリーは洗浄スピードがものすごく早く、ソーヤーミニと違ってストレスなく浄水できそうです。ソフトフラスクが付属するのも魅力的に思えました。

しかし浄水できる量は1,000L。ソーヤーミニは38万リットル以上の浄水が可能なので、そこに380倍もの差があると思うと購入に踏み切れず、、

まあ、一回の山行で2Lを浄水したとして500回使えるので、十分といえば十分なのですが。

ソーヤー マイクロスクィーズ

そんな中見つけたのがマイクロスクィーズ。

浄水スピードはビーフリーには劣るけど、ソーヤーミニよりは早そう。浄水できる量は、ミニと同じく38万リットル。

ビーフリーと最後まで悩みましたが、ペットボトルにも接続できるスクィーズにしておけば助かる場面が多そうだと思い、スクィーズの購入に至りました。

まとめるとマイクロスクィーズは「浄水スピードがそこそこ早く、ほぼ永久に浄水でき、ペットボトルにも付けられる」のがメリットだと感じて選んだわけです。

よりスリムな形状が好みな人はソーヤーミニ、浄水スピード重視だったりソフトフラスクを使いたい人はビーフリーを選ぶと良さそうです。

マイクロスクイーズのレビュー

実際に使ってみて感じたことをまとめると、下記になります。

コンパクトで持ち運びしやすい

手のひらに収まるサイズで、53gと軽量。

僕は衛生用品と一緒にジップロックに入れ、ザックの雨蓋にしまっています。邪魔にならない大きさで持ち運びに困りません。

ちなみに、ソーヤーミニに比べると1.5cm短く、最大部分で1cm太くなっているみたいです。

ストレスのない浄水スピード

浄水してみると、パウチを逆さにするだけでもチョロチョロと水が出て、軽く押すとかなりスムーズに出てくれます。

ストレスなく綺麗な水を作れるので、ソーヤーミニにしなくて良かったな〜と感じました。もちろん味も美味しいというか、しっかり無味無臭の水を作れます。

ペットボトルとの互換性が良い

互換性のある接続部のおかげで、付属パウチ以外にも他メーカーのパウチやペットボトルでも使えて助かっています。

ソフトフラスクに比べ安価なプラティパス、エバニューなどのパウチと互換性があるのはとても助かります。ペットボトルに至っては無料ですし。

ビーフリーを選んでいたら、口径が合うソフトフラスクを複数用意するか、付属のフラスク1つを使い回す必要がありました。

僕はバックパックに付属パウチ(1L)とエバニューのパウチ(0.9L)を入れています。前は2Lをひとつ持っていましたが、2つに分けた方がパッキングしやすくバランスも崩れにくくていい感じ。

行動中はショルダーハーネスにつけた0.6Lのペットボトルの水を飲みます。

色々試してみて、「やかんの麦茶」のペットボトルが容量、太さ、柔らかさ的にしっくりきました。

スノーピークのチタンシングルマグ(300ml)にピッタリフィットするのもポイント。

マグはザックの中で邪魔になるので、ボトルホルダーに入れちゃって、さらにそこにペットボトルを差し込んでいます。

飲み口にはセリアで買った飲み口キャップ。押し込むだけでワンタッチで水が出なくなるのが便利。しかも2つで100円です。

ペットボトルの水がなくなったら、パウチに汲んだ水をマイクロスクィーズで浄水して入れています。

浄水器で安心なアウトドアを!

というわけで、ソーヤーのマイクロスクィーズについてあれこれ書いてきました。

  • コンパクトさ
  • 浄水スピード
  • 38万リットルの濾過能力
  • 他のパウチやペットボトルとの互換性

これらの点で、個人的にはマイクロスクィーズを選んで良かったと感じています。

登山での水切れの心配も減ったし、キャンプなどでもちょっと怪しい水道水を浄水できるようになり、今後のアウトドアでは手放せません。

一度買えばずっと使えるものなので、コスパもかなり良いと言えます。災害時の備えにもなるので、お早めに導入してみてはいかがでしょうか。

それでは!

買ってよかった!ソロキャンプのお気に入り装備とこれまでの変遷【Tシマ】YouTubeチャンネル「Tシマ」や、その他SNSでいちばん多くいただく質問が「キャンプ道具について」です。現在メインで使っている道具や、その道具を使うに至ったスタイルの変遷についてまとめました。...

POSTED COMMENT

  1. ままま より:

    ソーヤーの種類選びに迷っていたのでとても参考になりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)