買ってよかった!お気に入り装備とこれまでの変遷【Tシマ】

ブログやYouTube、SNSでアウトドアの発信をしていて、いちばん多くいただく質問が「装備について」です。

そこで、僕が現在メインで使っている道具と、そこに至るまでの経緯なんかもまとめてみました。

もくじから、興味がある道具をタップしてご覧ください(`_´)ゞ

Tシマのアウトドア装備

紆余曲折あり、現在メインで使っている道具たちが下記になります。
使う道具が変わった場合は、随時更新していきます。

バックパック:グレゴリー / ミウォック24

以前は、見た目や丈夫さを重視して、ミリタリー系のバックパックをいくつも使ってきました。

しかし、登山やマウンテンバイクなどスポーツ要素のあるアウトドアを始めたことで、体へのフィット感を重視するように。

  • 体にフィットする
  • フロントポケット付き
  • 雨蓋は付いていない

以上の条件で探して見つけたのが、ミウォックでした。

マウンテンバイクでガタガタの山道を下ってもずっと背中にくっついてくれる感じで、フィット感にすごく満足しています。

グレゴリー ミウォック レビュー【アクティブなアウトドアにぴったりです】登山やマウンテンバイクなどのアクティビティとキャンプを楽しむために、グレゴリーのミウォックをチョイスしました。メリットやデメリットなど、詳細をレビューします。...

ミウォックの前に長らく使っていたミリタリー系リュックについては、こちらにまとめています。無骨系キャンプが好きな方は参考にしてみてください。

ソロキャンプにおすすめのリュック厳選4つをレビュー【ヒロシさん愛用ミリタリーバックパックあり】キャンプにおすすめのリュックを、実際に使ったレビューを含めて4つ紹介します。バックパックスタイルの手軽さに感動した話もまとめるので、リュック選びと合わせて参考にしていただけたら嬉しいです。...

テント:Tarptent / Moment DW


「軽量コンパクト、ダブルウォール、設営撤収が楽」の条件で半年以上探し続け、ようやく見つけたテント。

ダブルウォールなのに1kgを切る軽さで、フライを広げればインナーも一緒に立ち上がるという簡単設営が可能。

日本に販売店はなさそうなので、ホームページより購入し、アメリカから直輸入。
求めていた条件を全て満たしてくれて、すごく気に入っているテントです。

よく質問が届くので、公式ページでの購入方法を記事にしました。

Tarptentのテントレビューと購入方法【Moment DW】軽くてコンパクトなTarptent製テントのレビューと購入方法を解説。ダブルウォールとは思えない軽さと小ささ、さらに設営がめっちゃ簡単なテントです。...

タープ:DD Hammocks / DDtarp 3×3


長年アウトドアを楽しんできた中で、おそらく一番使った道具がDDタープ。

正方形かつループがたくさんあることから、その時その状況に応じた自由な張り方ができます。

泊まりの時はテントを使うことが多いですが、日帰りや開放的に寝たい気分の時に使用しています。

長方形や、ループが多いタイプ、超軽量タイプなど種類が多いので、自身のスタイルに合うものを見つけられると思います。

種類が多くて分かりにくかったり、張り方に悩んだりすると思うので、そのあたりを記事にまとめました。

【DDタープ4年使用レビュー】サイズや設営方法を解説しますDDタープを買う時に悩む種類やサイズについて解説した上で、使い込んできて感じるメリットやデメリットをまとめました。...

グランドシート:100均レジャーシート


良いグランドシートを火の粉で穴だらけにしてショックを受けて以来、100円のものを使うようになりました。

地面に荷物を置くときに敷いたり、テントの下に敷いたり、急な雨の時に屋根がわりに張ったりと、何かと重宝しています。

100円なので破いてしまってもショックは少なく、家にストックを常備しておくくらいお気に入りです。

座布団マット:THERMAREST / Z Seat Sol


長年、キャプテンスタッグのEVAフォームマットを使ってきましたが、ぺったんこに潰れてしまったことと、冬の冷気遮断のために買い替え。

Z Seat Solは、雪の上に直接敷いて座っても、アルミ箔のおかげで体温が反射されじんわり暖かくなってきます。

寝る時はエアマット、日中はZ Seat Solを使うことで、コンパクトでありつつ快適に過ごせるようになりました。

マット:NEMO / TENSER INSULATED


こちらも、キャプテンスタッグのマットからの変更で導入したもの。

収納時は、クローズドセルタイプのマットに比べて格段に小さくなります。エアマットにしたことで、装備全体がかなりコンパクトになりました。


断熱材が入っているため、ある程度冷たい地面でも快適に寝られます。


初めてエアマットを使いましたが、寝心地の良さとコンパクトな収納サイズに大満足です。

初のエアマット!NEMOのテンサーインシュレーテッドをレビューこんにちは、Tシマ(@t_shima1031)です。 長年使い続けてきたフォームマットでは冬は寒く、エアマットのコンパクトさに惹か...
NEMO ニーモ テンサー インシュレーテッド
NEMO(ニーモ)

寝袋:SEA TO SUMMIT / Ember EbⅡ


水濡れに強く、軽量コンパクトで、広いシーズンで使えるキルト型の寝袋。

ダウン自体に撥水処理が施されているため、結露で濡らしてしまった時も乾せば元通りで一安心でした。

キルト型はマミー型のように包み込まれる形ではなく、一枚の掛け布団のような形。
それを、付属のベルトを使ってマットにセットして使います。


暖かい時期はただの掛け布団として使えるので、冬用のマミーシュラフと比べて広いシーズンで使えます。

【超軽量で撥水ダウン】SEA TO SUMMITの寝袋に大満足こんにちは、Tシマ(@t_shima1031)です。 キャンプをはじめて約7年、夏も冬も2,000円くらいの寝袋(快適温度15℃)...

焚き火台:STC / ピコグリル239

コンパクトで人気な定番の焚き火台、ピコグリル。
何年も398を使ってきましたが、239に買い替えました。

理由は、「キャンプの夜にゆったり焚き火」というより「自転車で散策中にサクッと焚き火」みたいな使い方が増えたから。

  • 組立てや撤収が一瞬
  • 軽量でコンパクト
  • 燃焼効率が良い

そんな特徴を持つピコグリル239は、気軽に、サクッと焚き火するスタイルにピッタリな焚き火台です。

【ピコグリル239 レビュー】とにかく楽なボックス型焚き火台!こんにちは、Tシマ(@t_shima1031)です。 アウトドアを続ける中で、道具には身軽さと簡単さを求めるようになり、焚き火台はピコ...

バーナー:プリムス / P-153 ウルトラバーナー

SOTOのCB缶タイプのバーナーを3種類使ってきましたが、コンパクトさを求めてOD缶タイプに変更。

バーナー自体が小さい上にガス缶もクッカーに収まってくれるので、OD缶バーナーに変更して良かったと思っています。

ウインドマスターと悩みましたが、収納サイズと組み立てやすさからウルトラバーナーを選択。

満足して使っていますが、小さいクッカーを使う機会が多いのでP-115フェムストーブでも良かったかなーと感じています。

OD缶とCB缶の違いとどっちを選ぶか【コスパは気にならない】こんにちは、Tシマ(@t_shima1031)です。 6年で3種類のCB缶バーナーを使ってきましたが、今年からOD缶バーナーに変更...

アルスト:エバニュー / チタンアルコールストーブ 

ガスバーナーを持つほどでもない、でも固形燃料じゃ火力不足。そんなちょっとした外遊びの時に便利そうだと思って使い始めたアルコールストーブ。

今ではバーナーよりも出番が多くなりました。

エバニューのチタンアルストはとても軽く、火力が強め。クッカーを直置きすれば弱火にもなるので、湯沸かし、炒め物、炊飯、なんでもこれでやっちゃってます。

エバニュー アルコールストーブとスタンドセットの2年使用レビューエバニューのアルコールストーブと、風防兼ゴトクとなるスタンドがを詳細レビュー。合わせて揃えると便利な道具も紹介します。...

アルスト用ゴトク:エバニュー / アルコールストーブスタンド

エバニューチタンアルスト専用の、ゴトク兼風防。アルコールストーブがぴったり中に収まるので、スタッキングにも便利です。

正直、風防としては役不足なので、ウインドスクリーンを他に持っています。

アルスト用スタンドとしてだけでなく、ウッドストーブにもなるのが凄いところ。燃焼効率抜群で、小枝を凄い勢いで燃やしてくれます。

風防として物足りなさを感じて一時期使わなくなりましたが、ウッドストーブとして便利なことから、また使うようになりました。

これひとつを持っておけば、アルコールストーブを使うか焚き火をするか、その時の気分で使い分けられるので気に入っています。

クッカー小:エバニュー / マグポット500 

チタンの超軽量ポットで、エバニューのアルストとスタンドを中に収納できます。

また、底が段差になっており、スタンドに置くとぴったりハマって滑り落ちません。

名前の通りマグカップとしても使える大きさなので、これでお湯を沸かして飲み物を作り、そのまま飲むこともしばしば。

お湯をかなり細く注ぐことができ、コーヒーを淹れる時にとても役立ちます。目盛りが刻まれており、必要な分だけのお湯を沸かせるのも何気に便利。

クッカー大:エバニュー / アルミクッカー900

炊飯しやすいアルミ素材で、なるべく軽く、持ち手が横長のクッカーを探して見つけたのがこちら。

アルミクッカーは焦付き防止コーティングされたものが多いですが、少し重くなってしまうので無垢なアルミ製を探しました。コーティングなしでも焦付きなく炊飯できます。

持ち手が横長で、火にかけても熱くなりにくいのも、地味に嬉しい点です。

このクッカーの中に、アルストやポット、マグなどをスタッキングしており、軽量で料理しやすいクッカーセットを作れて満足しています。

アルコールストーブにピッタリのクッカーセット考察【軽量で料理上手】アルコールストーブを中心にクッカーセットを組みました。目指したのは「軽量・コンパクト」かつ「料理しやすい」セット。満足できるクッカーセットになったので、シェアします...

カトラリー

箸が好きなので以前は和武器を使っていましたが、フォークやスプーンもいるなぁとゴーバイトのCLICKを購入したら、こちらばかり使うように。

クッカーの中に収まるほど短く縮むのが、お気に入りポイントです。

カップは、ウィルドゥのフォールダーカップを使用。
小さく畳める、かつ持ち手が付いているカップはめずらしいなと思い、選びました。

フォールダーカップに比べて嵩張りますが、荷物が多くない時はタンブラーを使います。
350mlの缶をそのまま入れられたり、透明なフタが付いているのが使いやすいポイント。

ランタン①:スノーピーク / たねほおずき

今ほど多種類のLEDランタンが売られてない頃、小さくて、暖色のランタンを求めて選んだのがたねほおずき。

シリコンの傘部分は外せるので、収納サイズは本当に小さいです。

そこまで明るくはないけれど、こじんまりした灯りでほのぼの過ごしたい方にはピッタリだと思います。

小型ランタンたねほおずきをレビューする【ソロキャンプに最適】 そんな方に向けて、スノーピークの「たねほおずき」というLEDランタンについて紹介します。 記事の内容 ソロキ...

ランタン②:UCO / キャンドルランタン

手元にちょこんと置いておくと、ぼんやりと周りを照らしてくれる蝋燭の灯。焚き火をしない時は、代わりに蝋燭の揺れる炎を見ているとリラックスできます。

最初はオイルランタンにしようと思ったけれど、スリムでコンパクトで持ち運びしやすいキャンドルランタンを選びました。

【UCO キャンドルランタン レビュー】揺れる炎がエモいコンパクトランタン キャンドルランタンって、柔らかな灯りがすごく魅力的ですよね。 キャンプに行った夜にキャンドルランタンを灯せば、一気に洒落た...

ヘッドライト:Black Diamond / SPOT325

キャンプを始めて6年くらいは、ランタンだけで過ごしていました。

登山を始めようと思ったタイミングでヘッドライトを購入したら、夜に野外で過ごすのに便利すぎて感動。キャンプでも欠かさず持っていきます。

自分が向いた方を確実に照らしてくれるので「影で見えない」というストレスがありません。両手が空いた状態で向いた方向を照らせるのは、思っていたよりすごく快適です。

ヘッドライトを使い始めてから「暗くなる前に設営を終わらせなきゃ」と焦ることがなくなりました。「暗くなってもヘッドライトがあるからいいや」と、マイペースに行動しています。

SPOT325のレビューレビューkレビュー記事はこちら

キャンプにヘッドライトは必要?おすすめ4選【店員さんにも聞いてみた】キャンプでヘッドライトを使ってみたいけれど、別にいらないかな?どれを買ったら良いかもよく分からない。店員さんに色々聞きつつ、初めてヘッドライトを導入たので、記事にしました。...

財布:パーゴワークス / トレイルバンクS

アウトドアを楽しむ際、大きな革財布はわりと邪魔になります。
トレイルバンクSは「世界最小の銀行」と謳っている通り、28gの超コンパクトな財布。

カード3枚とお札数枚、小銭が少し入るミニマムさで、ポケットに入っていても全く邪魔になりません。

小さいながら、お札が落ちるのを防ぐストッパーや、鍵を付けたり腰にぶら下げたりできるカラビナなど、使いやすい工夫がたくさん。

気に入りすぎて、アウトドアだけに留まらず、普段使いとしても毎日持ち歩いています。キャッシュレスの時代なので、このくらいの財布で必要十分と感じています。

トレイルバンクS レビュー|アウトドアも普段使いも便利な小さい財布【パーゴワークス】パーゴワークスのトレイルバンクSについて、2年前から財布の使用をやめた筆者が、その魅力をお伝えします。アウトドアではもちろん普段使いでも大活躍する、キャッシュレス時代におすすめのミニマム財布です。...

iPhoneケース:エレコム / NESTOUT Trekking

NESTOUT Trekkingは、アウトドア向けのiPhone用ケース。

衝撃に強いのはもちろん、すべてのボタンがカバーで覆われており、砂埃や水がかかっても安心です。

背面についたベルトが優秀で、指を通すリングにもなるし、iPhoneを立てかけられるスタンドにもなります。

iPhoneの背面に装着するリングやスタンドは無数にありますが、ボコっとして段差になっちゃうものが多いんですよね。

その点、NESTOUT Trekkingは、スッキリと収納されて見た目がスリム。

さらに嬉しいのが、バックパックに取り付けられるホルダーが付属すること。ワンタッチでiPhoneを脱着できる上に、どんなに振動を与えても落ちたことは一度もありません。

僕はiPhone11Proを使用していますが、最新のiPhone用も販売されています。

アウトドア派必見のiPhoneケース 【NESTOUT Trekking】レビューこんにちは、Tシマ(@t_tshima1991)です。 キャンプや登山が趣味で、「アウトドアでも日常でも使えるiPhoneケースが...

アウトドアスタイルと道具の変遷

「なぜこれらの道具に行き着いたのか」という理由も込めて、僕のキャンプスタイルの移り変わりを書いてみます。

グループでキャンプにハマる

友人と4人でキャンプを始め、どハマり。人数はどんどん増えて15人以上でやることも。それに連れて、道具もどんどん買い揃えました。

現在もたまにグループキャンプを楽しんでいます。友人と焚き火を眺めて飲みながらあれこれ語るのは、とても楽しい時間です。

道具いっぱいの快適ソロキャンプ

ひとりでもキャンプをしてみたいなと思い、ソロキャンプデビュー。グループキャンプと同様に、車のトランクいっぱいに道具を積んでキャンプ場へ。

しかし、ひとりで快適なキャンプだとやることがなく暇で、1回で飽きちゃいました。

ブッシュクラフトを知り、道具も変化する

暇にならないソロキャンプがしたいな〜と思っていた時、ネットの記事で「ブッシュクラフト」を知りました。

「最小限の道具と自分の知識や技術を活かし、現地の資源を上手く使いながら自然の中で過ごす」というスタイルに、「やりたかったのはコレだ!」とワクワク。

思い返せば、少年時代に山や川遊び、秘密基地作りなどが大好きだったので、自分にはこういう遊びが向いているんだなと妙に納得しました。

ブッシュクラフトは、当時は今ほど日本で知られておらず、海外の動画などを参考にしながら始めました。

キャリーワゴンでなくバックパック。バーナーでなく焚き火。薪を買うのでなく、ノコギリや斧を使って作る。

不便だけど、ひとつひとつの行動に夢中になれて、快適キャンプにはない楽しさを感じて夢中になりました。

場所の限界と、そこからくる飽き

ブッシュクラフトにハマりながらも、直火で焚き火できたり、枯れ木を自由に切れる場所は限られていて、結局いつも同じ場所で繰り返すことになりました。

自分の所有地でやるか、なるべく自然溢れるキャンプ場に行くかのどちらかになっちゃうんですよね。

場所の制限によってマンネリ化して、どんどんつまらなくなっていきました。

新たな楽しみの発見

友人に誘われて、行ったことのないキャンプ場で2人でキャンプすることに。近くの湖でカヌーをしてからキャンプ場で宿泊。久々にワクワク感を味わいました。

「なんで今回はこんなに楽しかったんだろう?」と考えた時、ワクワクの要素は下記2つなんじゃないかな、と気付きました。

  • 行ったことのない場所へ行く → 場所に対する飽きを解消
  • 体を動かし、散策する → やることに対する飽きを解消

新しい場所に行くことは、すごく新鮮で楽しく感じます。さらに、そこで体を動かしつつあたりを散策すると、冒険心がくすぐられてこれもワクワクです。

今までやってきたキャンプやブッシュクラフトは、行きなれた場所へ行き、到着後はほぼ動かず、飯を食って酒を飲んで焚き火を眺めて寝るだけ。

それと反対のことをすると、こんなにワクワクするんだなと、良い気付きを得られました。

アクティビティ+キャンプ

「行ったことのない場所で、散策してキャンプ」をしようとして、家に眠っているクロスバイク思い出しました。

すぐに引っ張り出して、バックパックにキャンプ道具を入れて近所の自然の中へ。
やっぱりワクワクして楽しいけれど、舗装路しか走れないのがネックです。

そこで、悩み抜いてマウンテンバイクを購入。
極太タイヤとサスペンションのおかげで、自然の中に入っていけるようになりました。

自転車で散策キャンプを始めて、道具の軽量・コンパクト化が必須になりました(今後は登山も始めたいのでなおさら)。

今までもバックパックでキャンプやブッシュクラフトに行っていたものの、重くて肩が痛くなったり、テントなどの大きな道具は手で持つこともありました。

自転車や登山などのアクティビティとなると、完全にバックパックひとつで、かつ、軽い方が体を動かしやすくなります。

やりたいことに合わせた道具選びを

そんなわけで、道具をなるべく軽量・コンパクトに、ミニマム化を図った結果が、現在の道具になります。

どこへ行って、何をするとワクワクするのか。そのために必要な機能を有している道具はどれなのか。

過去の僕と同じような「飽き」を感じている人や、何を考えて道具を選べばいいか疑問に思っている人などに、少しでも参考になれば嬉しいです。