焚き火

【笑’s B-6君 レビュー】メリットとデメリット、組立方法まで徹底解説

コンパクトな焚き火台兼バーベキューグリルとして有名な笑’sの「B-6君」。

今回は、B-6君のメリットやデメリットを挙げながら、実際の使用感や僕なりに考えた他のアイテムと合わせた収納方法をお伝えしたいと思います。

記事の内容

  • B-6君はソロキャンパーにかなりおすすめ【レビュー】
  • B-6君のメリットとデメリット
  • B-6君を便利グッズと一緒にA5の袋に収納

B-6君を買おうか悩んでいる方の参考になれば嬉しいですヽ(´▽`)/

B-6君はソロキャンパーにかなりおすすめ【レビュー】

2年ほどソロキャンプで使ってみての感想は、ソロキャンプ用のグリルとしては大満足です。ただ、焚き火台としては微妙なところ(詳しくは後述)。

B-6君と言えば、その名の通り収納サイズがB6サイズでとてもコンパクト。

食材を焼ける面積もB-6サイズなので、ソロ用のグリルと言っていいと思います。2人で使うには小さいですね。

B-6君のサイズ

スペックはこんな感じです。

  • 収納サイズ:18.1cm×12.2cm×1.8m
  • 組立サイズ:21.5cm×12.2cm×16.5cm
  • 重さ:500g
  • 素材:ステンレス
  • 静止耐荷重:10kg
  • 火床の深さ:7cm

収納サイズの小ささ、特に厚さが2cm以下というのは驚きです。

B-6君は1台2役

バーベキューグリルと焚き火台のどちらとしても使えるのは嬉しいですね。荷物に無駄が無くなります。

B-6君は組み立てが楽しい

コンパクトに収納するために、それぞれのパーツが無駄なく重なるように設計されています。

組み立てるのも楽しく、男子はこのギミック感にテンションが上がると思います。

参考までに組み立てる手順を書いておきます。

脚を広げて立てる

側面を立てる

中にはもう2つの側面となる板と、炭をのせるロストルが綺麗に重なってしまってあります。

側面を完成させる

表側と裏側にも板を入れると形になります。

ロストルを入れる

中にロストルを設置すれば完成。

あとは、バーベキューをするならグリルプレートを乗せる、クッカーを使うなら五徳をはめるなど、シチュエーションに合わせて使い分けます。

ちなみに、グリルプレートと厚くて丈夫なロストルがセットになったもの焼き網も付いてくるセットが販売されています。

組み立ての一連の流れはこんな感じです。

B-6君のメリットとデメリット

続いて、B-6君のメリットとデメリットについてみていきます。

メリット

  • コンパクト
  • 箱型なので炭や薪を入れやすい
  • 燃焼効率がいい

デメリット

  • 大きな薪は入らない
  • 洗いにくい

それぞれ詳しく解説します。

メリット1:コンパクト

先述した通り、B-6サイズでコンパクトです。最初からB6サイズの収納袋に入って届きます。

メリット2:箱型なので炭や薪を入れやすい

個人的には地味にこれが一番嬉しいかもしれません。焚き火台の中には、逆三角錐型だったり底の中央がくぼんでいたりと、薪や炭を入れにくく感じるものもあります。

その点B-6君は直方体なので底の方も広々しています。炭が入れやすくて助かります。

ちなみに僕はホームセンターで買った成型炭を使っていましたが、ロゴスのエコココロゴスという炭がちょうどいいサイズのようです。

LOGOS エコココロゴス ミニラウンドストーブ4
created by Rinker

メリット3:燃焼効率がいい

写真から分かるように、ロストルや側面にたくさんの穴があることや、ロストルの下に空間があることで空気が入りやすくなっています。

炭を燃やし続けているとロストルの下が灰で埋まってくるので、たまに灰を取り除いてあげるといいと思います。

デメリット1:大きな薪は入らない

コンパクトなB-6サイズというコンセプト上しょうがないですが、大きな薪を豪快に燃やすことはできません。

ホームセンターやキャンプ場で大きな薪を買って焚き火する人には向かないです。

とはいえ、そこら辺に落ちている枝で簡単に焚き火ができちゃうので、手軽さはありますね。

▼大きな薪じゃなくても、落ちている枝でこのくらいの焚き火はできます

「焚き火しやすい方が良いな、、」と思う人には、大きめサイズの「A-4君」の方が向いてます。

「でも、収納サイズがA4だと大きすぎる」というワガママにも答えてくれるのが笑’s。中間サイズの「B-GO」もあります、、、「B-5君」じゃないんですね笑

デメリット2:洗いにくい

ステンレス板が精巧に組み合わさってできているので、隙間の汚れやコゲを完璧に洗うのは大変です。

僕は「軽く洗うくらいでいいや」というタイプなので気になりませんが、使うたびに隅々まで綺麗に洗いたい人は少し大変かもです。

B-6君を便利グッズと一緒にA5の袋に収納

B-6君に失礼かもしれませんが(笑)、僕はA5サイズの収納袋を使用しています。

というのも、よくB-6君セットで使われるアイテムを一緒に収納しようと考えたら、A5のケースがぴったりになったからです。

ダイソーのステンレストレー

B-6君を使っている時に灰が落ちてもいいように、下にトレーを敷く人が多いですね。

僕もダイソーでステンレストレーを購入しました。丁度いいサイズのものが売られています。

エスビットのポケットストーブ

ポケットサイズのストーブです。固形燃料を入れてご飯を炊くのに便利。

B-6君でバーベキューしつつ、ポケットストーブでご飯を炊くのがいい感じ。

参考記事:【エスビット ポケットストーブ レビュー】必須じゃないけどあると便利です

まとめて収納

トレーにB-6君とポケットストーブがぴったりと入り、あとはチャッカマンと小さめの炭用トングを一緒に入れると、、、

ピッタリ!!初めてキャンプ道具をシンデレラフィットさせる事ができました!

まとめ:B-6君でコンパクトなソロキャンプを楽しもう

記事をまとめます。

  • B-6君はコンパクト折りたためるギミック感が男心をくすぐる
  • メリット:コンパクト・炭を入れやすい・燃焼効率がいい
  • デメリット:大きな薪での焚き火には向かない・洗いにくい

デメリットと感じる部分もありますが、メリットから見ればそれほど気にならないかなと思います。

コンパクトな道具を集めている人にはすごくおすすめのグリル。

本当にコンパクトなので、バックパックにでもポイっと放り込んで手軽にバーベキューと焚き火をしに出かけましょう!

それでは!

おすすめ記事

【コンパクトな焚き火台選び】10台の焚き火台を使った僕がアドバイスコンパクトな焚き火台をお探しの方向け。実際に経験した焚き火台選びでの失敗談を交えつつ、選ぶ時の注意点と、おすすめの焚き火台4つを紹介します。数多くある焚き火台ですが、自分がどんな焚き火がしたいのかをイメージすると選びやすくなります。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)