クッカー

エバニュー UL Pot 900のスタッキングやサイズの話【レビュー】

最近使い始めた2つのクッカー。前回の記事でUL/ALUナベ700について語ったので、今回はU.L. Pot 900について書こうと思います。

この2つのクッカーを合わせて使う理由についても触れるので、セットで買おうか悩んでいる人にも参考にしてもらえたらと思います。

※煩わしいので、以下「ULポット900」と書きます。

ブログとYouTubeの更新情報はTwitterから。インスタでも外遊びの様子をアップしてます。

ULポット900の基本情報とレビュー

まずはサクッと基本情報を確認。

  • サイズ:径136 x 深さ64mm
  • 容量:900ml(目盛付き)
  • 質量:115g
  • 素材:チタン(国内製造)

厚さ0.3mmかつ火が当たりやすい平型なので、熱が伝わりやすいのが特徴。

チタンだからかなり軽くて、今まで使ってきた同じくエバニューのアルミクッカー900(187g)と比べたら72g違いました。

目盛は300と600mlについてます。ラーメンを煮る時とかに便利。

フタのデザインが前のモデル(ウルトラライトクッカー2)と比べたらシンプルなデザインに。個人的にはこっちの方がかなり好みです。

フタをした状態で傾けても落ちることはないです。ただ乗ってるだけのタイプじゃなくて、しっかりはまるタイプ。

注ぎ口がついてるからコーヒーを淹れる時に細く注げるし、湯切りにも使えるのが嬉しいです。かなり細く注げるし、ボタボタとしたたり落ちないからストレスなし。

ハンドルは可動部の突起のおかげでブラブラと暴れません。細部までこだわられていてすごい。

燕三条産なだけあって丁寧で不満のない作り。エバニューのチタンクッカーを使うのは2つ目だけど、今回も「細かいなー、すごいなー」と感心でした。

ULポット900にはUL/ALUナベ700をスタッキング

結構知られていることだとは思うけど、ULポット900にはナベ700が綺麗に収まります。

なおかつフタは同じものを使えるから、メーカーとしてもセットで使うことを推したいのかな、って思っちゃいますよね。

実は僕も、最初からULポット900に惹かれた訳ではなくて、ナベ700を買うにあたって「900も買えばフタも揃うしスタッキングできるじゃん」って思って購入しました。

ナベ700の魅力は前回書いたので割愛しますが、ざっくりと「浅型・アルミ・焦付き防止コーティングで料理しやすく、絶妙な700mlサイズ、しかも軽量」ってとこ。
≫エバニューのUL/ALUナベ700をレビュー!炊飯だけじゃない魅力

そんなナベ700とセットで使うのに、ULポット900がピッタリなわけです。

ULポット900とナベ700のセットを使う理由

ナベ700には、ULポット900だけでなく570Cupや400FDをスタッキングする人が多いみたい。でも僕は2つだけのセットを選びました。

注ぎ口があるのは900だけ

900、700、570、400の中で注ぎ口があるのは900だけ。570や400の用途は湯沸かしになりそうで、だとしたら注ぎ口がある900の方が使いやすいと思って選びました。

小さなサイズより900の出番が多い

ナベ700は絶妙なサイズだけど、500mlの水を使う袋ラーメンの場合はもうちょい余裕が欲しいです。

あと、「ラーメン+飲み物」みたいにまとめてお湯を沸かしたり、二人で登山する時なんかも900がちょうど良いです。

小さいものを重ねると、小物が入らない

もう一つ、570や400を選ばなかった理由が、中に入る小物類が少なくなるから。500のポットを使っていて思ってたんですが、中にしまえるものが少ないんですよね。

700なら色々入るのに、小さなクッカーを重ねちゃうのはスペースが勿体無い気がして。だから一番小さなクッカーが700っていう状態を選びました。

中にどのくらいのものが入るかは、前回の記事を参考にしてください。

湯沸かししかできないのがネック

ULポット900とナベ700の組み合わせにおおむね満足してるけど、チタン製で熱伝導率の低いULポット900では湯沸かしくらいしかできないのがちょっと残念。

少し重くはなるけど、焼いたり煮たりができるアルミの方が使い勝手は良いんですよね。アルミで同じ形があればそれを選んだけど、まあ仕方なし。

炊飯や焼き料理にはナベ700、湯沸かしは900って感じで使い分けようと思います。

ULポット900とナベ700でアルストが使いやすくなった

僕はエバニューのアルコールストーブを使ってますが、火力が強めで、径の小さなクッカーだと炎がはみ出ちゃいます。持ち手が熱くなって素手で持てなくなることもしばしば。

ULポット900とナベ700の組み合わせだと、エバニューのアルストの炎がちょうど良くあたって、持ち手も熱くなりません。

深型クッカーだとアルストの炎をうまく使いきれてない感があったけど、これで解決。

ULポット900は併用がおすすめ

本記事は、ULポット900のレビューとナベ700との組み合わせについて書いてきました。

正直、単体で900mlのクッカーを買うならULポットにしてたかは分からないです。

でもUL/ALUナベ700という独特で便利なクッカーを使いたくて、それと合わせて使えるクッカーとなるとULポット900が相性ばっちりです。

ULポット900やUL/ALUナベ700が気になっている人の参考になれば嬉しいです。

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)