リビング

【おすすめ焚き火テーブル】笑’Sの焚き火調理台がとても使いやすい!

キャンプ用のテーブル選びで悩んでいる方で

・焚き火の隣に置く、ちょうどいいテーブルを探している

・人とかぶらないようなかっこいいテーブルが欲しい

という人はいませんか?

今回はそんな方に向けて、笑’Sの「焚き火調理台450re」を紹介します。

この記事を書いている僕は、キャンプ用のテーブルを5つほど持っています。また、キャンプ仲間のテーブルも合わせるとかなりの数のテーブルを使ってきました。

その中でも焚き火調理台450reはとても使いやすいテーブルなので、今回テーブル選びで悩んでいる人に紹介したいと思いました。

 

記事の内容

  • 笑’S 焚き火調理台450re とは
  • 笑’S 焚き火調理台450re のおすすめポイント
  • ユニフレーム 焚き火テーブルとの比較

それでは早速本題に入ります!

笑’S 焚き火調理台450reとは

50年の歴史を持つプレス工場で培われた金属加工と板金技術で、焚き火台や薪ストーブなどのキャンプ製品を製作している笑’Sさん。

そんなメーカーで作られているのがこの「焚き火調理台」です。(公式ホームページはこちら

商品概要は以下の通り(HP参照)

◆収納サイズ: 約300mm×450mm×H16mm
◆組立サイズ: 約300mm×450mm×H195mm
◆重量   : 約2.5kg
◆材料   : 0.8mm厚ステンレス(SUS304-NO.4)・天然木メルパウ無垢材・ステンレスリベット
◆静止耐荷重: 10kg

その名の通り、天板の上で小型の焚き火台での焚き火を楽しむことができます。

僕はこのテーブルの上で、同社の人気焚き火グリル「B-6君」で焚き火をしたり、熱々のダッチオーブンを載せたりしたことが何回もありますが、もちろん何の問題もありませんでした。

笑’S 焚き火調理台450re のおすすめポイント

まずはいくつか写真を載せておきますね。

それでは、実際に使用してきた経験も踏まえてこのテーブルのおすすめポイントをみていきましょう。

おすすめポイント1. 水切りを兼ねた中棚が使いやすい

 

天板の下には穴がたくさん空いた中棚が付いています。

こんな風に、洗った食器を乾かしておくもよし。
小物の収納場所として使ってもよし。

これくらいのサイズのテーブルだと物を置くとすぐにスペースがなくなってしまいますが、中棚があることで、天板の上は荷物を少なくしてスッキリ使うことができます

おすすめポイント2. 収納時はとんでもなく薄い

この写真をご覧ください。

足を畳むと、指一本分の薄さになります

自分の指を見てみてください。その指と同じくらいの薄さになるって、凄くないですか!?

それも、脚と中棚を中に収納してのこの薄さです。

車への積載時にスペースをとらなくて済むのは、どのキャンパーにとってもありがたいことですね。

なお、組み立て・収納の仕方はこちらの動画を参照してください。

 

おすすめポイント3. ロースタイルにちょうどいい

高さが19.5cmなので、かなり低めのテーブルに分類されるかと思います。

最近流行りのロースタイルキャンプや、地べたスタイルの人でも使いやすい高さではないでしょうか。

ちなみに、スノーピークのローチェア30との組み合わせるとこのようになります。

おすすめポイント4. 個性的なデザインで他と差別化

天板の周りを囲んでいるのは、天然木無垢材。
ステンレスの銀色と木のこげ茶がよく合っていて、無骨でかっこいいデザインですよね。

このようなデザインのキャンプテーブルは他にみたことがありません。

そして、僕が今まで4年間ほどキャンプをしてきた中で、このテーブルを使っている人には会ったことがありません。

ホームページを見ると「大量生産をしていない」とのことで、僕も買おうと思った時には売り切れていて入荷待ちをしました。

そんなことから、持っている人は比較的少ないのかもしれません。

「他の人とアイテムが被るのは嫌だな」という人にとっては、差別化が図れる良い商品ではないでしょうか。

ユニフレーム  焚き火テーブルとの比較

「焚き火 テーブル」というワードでリサーチすると、多くの人が目にするであろうユニフレームの焚き火テーブル。

とても人気のテーブルで、使っている人をよく見かけますし、評判もかなり良いようです。

僕の周りにも持っている友達が2人いてよく一緒に使うのですが、こちらのテーブルも「焚き火」と名前にあるように熱や傷に強くガシガシ使える印象です。

「焚き火調理台」と「焚き火テーブル」を比較すると、

焚き火調理台の方が幅10cm、縦5cm小さいようです。
高さは17.5cm低いので、選択の基準としては高さが一番大きな要素になるのではないでしょうか。

どちらも信頼のおける素晴らしいテーブルであることは間違いないので、自分のスタイルに合わせて選ぶといいと思います。

 

まとめ:焚き火の側に置くにはもってこいのおすすめテーブルです

記事をまとめます。

・中棚の使い勝手がいい

・収納時は指一本くらいの薄さになる

・ロースタイルや地べたスタイルに合う低さ

・珍しいデザイン&希少性で他の人と差別化できる

・ユニフレーム焚き火テーブルとは高さを基準に選ぼう

焚き火で使うのはもちろん、そうでなくてもおすすめできるテーブルです。
ぜひテーブル選びの候補に入れてみてはいかがでしょうか。

それでは!

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)