クッカー

お気に入りカトラリー「ゴーバイト」をレビュー【こだわりが凄い】

こんにちは、Tシマ(@t_tshima1991)です。

1年ちょい前から、アウトドアでの食事では「ゴーバイト」を使ってます。家用もあるくらいお気に入り。

そしてYouTubeやTwitterで、ちょくちょく「どこのカトラリーですか?」と聞かれるので、今回はゴーバイトの詳細や、お気に入りポイントなんかをまとめてみます。

お気に入りカトラリー「ゴーバイト」をレビュー

ゴーバイトは、カリフォルニアのメーカー「ヒューマンギア」の製品。

5種類あるうち、僕が使っている2種類について詳しくレビューします。残り3種についても、簡単に紹介していきますね。

①:ゴーバイト UNO

  • 重さ:15g
  • 長さ:16.5cm
  • 色:ブルー・ブライトレッド・グレー

フォークとスプーンが一つになったやつ。

僕は、はじめはアウトドア用に買いましたが、気に入って今は家で毎日使ってます。
気に入った点は、以下の3点。

スプーンが丸すぎない

スプーンの先は、丸いというより平な形。
このおかげで、皿や容器をこすりやすくなってます。

粘度のあるスープを飲んだ時とか、食器をなるべく綺麗に使いたいアウトドアにおいてはありがたい工夫。

フォークがナイフになる

フォークの両脇が少し鋭くなっていて、ナイフのように使うことも可能。

固いものを切れるほどではないけど、柔らかめのものを切り分けるときに助かります。

持った時のフィット感

スプーンを使う時、反対のフォークのくぼみに指がフィットします(逆もしかり)。

この持った時の「しっくりくる感」なんなんだろ、と思ってたんですが、ヒューマンギアのサイトを訳しつつ読んでみたら、フィット感にめちゃくちゃこだわられていると分かりました。

先端がクッと持ち上がっているのは、持ちやすさを計算された角度みたい。

(アウトドア用品って、ホームページとかで作り手の考えを知ると「そんなことまで考えてんのか」ってことが多々あり、おもしろいです)

UNOがとても使いやすく、「家でも使いはじめる→外行くときによく忘れる→もう一本買って家用と外用で分けよう」ってことで追加購入することに。

それでモンベルに行ったら次に紹介する「CLICK」を発見し、コンパクトさに惹かれてそちらを購入。

②:ゴーバイト CLICK

  • 重さ:27g
  • 長さ:16cm(収納時11cm)
  • 色:ブルー・ブライトレッド・グレー

フォークとスプーンが別々、かつ伸縮するタイプ。
お気に入りポイントは3つあります。

コンパクトで収納しやすい

収納時はわずか11cmなので、収納場所に困りません。
小さなクッカーの中にもスッキリ収まります。

「小物はゴチャつくからクッカーにまとめて入れたいけど、フォークやスプーンは長くて入らない」そんな微妙なストレスとおさらばです。

厚みもないので、僕はクッカーをスタッキングする時のわずかな隙間に入れてます。

簡単に伸縮できる

使用時は、スライドさせるだけで「カチッ」とロックされます。

しまう時は、四角い部分を押してスライドさせるだけ。

片手で、一瞬で伸縮させられるのがめっちゃ楽。

以前、組立式の箸「和武器」を使っていたんですが、組み立てに時間がかかったり、パーツが細かかったりで、次第にめんどくさくなっていきました(・_・;

それもあって、全くストレス無く使えるCLICKはもはや手放せません。

洗うのが簡単

フォークもスプーンも、それぞれシンプルな2つの部品でできていて、洗うのが簡単。

接続部がある道具って、汚れが溜まったり、細かかったり、金具にスポンジが引っかかったりで洗うのが億劫になりがちですが、その辺のストレスもなしです。

公式サイトによると、洗いやすさを考えた上での設計とのこと。どんだけ考えられてんだよと、調べてみて驚かされました。

③:ゴーバイト DUO

  • 重さ:22g
  • 長さ:14.8cm(連結時23cm)
  • 色:ブルー・ブライトレッド・レッド・グレー

フォークとスプーンを単体で使うこともできるし、繋げれば長くして使うことも可能
深い容器やパウチの食品を食べるときなんかに便利そうです。

収納時と連結時はスプーンとフォークがロックされますが、このロック機構もCLICKと同じく洗いやすくデザインされています。

④:ゴーバイト TRIO

  • 重さ:92g
  • 長さ:各16.8cm
  • 色:ブルー・レッド・グレー

フォーク、スプーン、ナイフ、爪楊枝がケースにまとまったカトラリーセット。爪楊枝まで付属するセットはめずらしいですね。

さらに、ナイフは栓抜きにもなります。

栓抜きって欲しいときに持ってなかったりするので、カトラリーセットに含まれているのは嬉しいかも。

⑤:ゴーバイト QUATTRO

  • 重さ:84g
  • 長さ:?
  • 色:ブルー・レッド・グレー

フォーク、スプーン、箸、爪楊枝がケースにまとまったカトラリーセット。

長さは公式サイトを見ても分からなかったですが、TRIOと同じ16.8cmなのかな。箸だけ若干長そうです。

以前の僕もそうだったんですが、「基本的に箸を使いたい。でもたまにフォークやナイフも必要」って人には、こちらのセットがピッタリです。

人にも環境にも優しいカトラリー、ゴーバイト

調べてみて分かったんですが、ゴーバイトは人体にも環境にも配慮して製造されているみたいです。ヒューマンギア、こだわりが凄い。

人に優しい

ゴーバイトは、BPA、PC、フタル酸エステルを使用せず、強力なナイロンで作られているらしいです。

僕も詳しくはありませんが、これらは、環境ホルモン問題にもなったプラスチックの一種や添加物なんだとか。

欧米ではこれらを気にする人は多いみたいですが、日本はどうなんですかね。

僕は気にしてなかったというか全く知りませんでしたが、安全であることに越したことはないなーとやんわり思ってます。

環境に優しい

ヒューマンギアの環境保全への配慮は徹底されています。

  • とにかく素晴らしい製品作る
  • →購入者はずっと使い続けてくれる(買い替えない)
  • →無駄な廃棄や製造時の炭素排出が減る

そのために、フォークとスプーンの開発に2年もかけ、たった3ドル(アメリカ価格)の製品でも生涯保証(日本は対応外かも)。

軽い気持ちで買ったカトラリーに、こんな想いが詰まっていたとは、、(°_°)

「こだわられたシンプルさ」が強い

シンプルな道具は簡単に使えるし、パーツが少なく壊れにくい。さらに細部までこだわられた製品は、何度も使用する上でストレスを感じない。

ゴーバイトやヒューマンギアについて知る中で、そんなことを思いました。
ただシンプルなんじゃなく、こだわった結果行き着いたシンプル。

機能面だけでなく、人や環境にまで配慮されたヒューマンギアの製品、本記事の執筆を通してより愛着が湧きました。

めっちゃこだわられてる割にすごく安いし、カトラリーを探している人にはおすすめです。

買ってよかった!お気に入り装備とこれまでの変遷【Tシマ】YouTubeチャンネル「Tシマ」や、その他SNSでいちばん多くいただく質問が「キャンプ道具について」です。現在メインで使っている道具や、その道具を使うに至ったスタイルの変遷についてまとめました。...
おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)