リビング

【スノーピーク「和武器」レビュー】カッコよくコンパクトなこだわり箸

こんにちは、T島です。

お洒落なカフェでパスタを食べる時でも箸を使っちゃうくらい、フォークより箸派です。

本記事では、そんな僕がキャンプ用の箸として使っているスノーピークの「和武器」について紹介します。

記事の内容

  • スノーピーク「和武器」の外観・サイズ
  • スノーピーク「和武器」の組み立て方法
  • スノーピーク「和武器」のデメリットとメリット
  • スノーピーク「和武器」レビュー|まとめ
他の箸と比べて高めだけど、買う価値あるんだろうか?
実際の使用感を詳しく知りたいな

本記事ではそんな疑問を解消します。
和武器の購入を悩んでいるあなたの参考になれば幸いです(`_´)ゞ

スノーピーク「和武器」の外観・サイズ

スノーピーク「和武器」の外観・サイズ

基本情報は下記の通りです。

素材

  • グリップ:ステンレス
  • 先端:竹

Mサイズ

  • 箸:8×8×205mm(収納時113mm)、26g
  • ケース:40×140mm、20g

Lサイズ

  • 箸:8×8×225mm(収納時122mm)、27g
  • ケース:40×155mm、22g

MLでどちらを選ぶべきか悩むかもですね。
箸のサイズに関しては、下記のように言われています。

適正サイズ:親指と人差し指を90°広げた長さの1.5倍

僕の場合は約15cmで、1.5倍すると22.5cm。Lサイズがちょうど良かったです。

スノーピーク「和武器」の外観・サイズ スノーピーク「和武器」の外観・サイズ

成人男性ならLサイズが合う人が多いと思いますが、気になる人は自分の手を測ってみてください( ̄^ ̄)ゞ

スノーピーク「和武器の組み立て方法」

スノーピーク「和武器の組み立て方法」

コンパクトに収納されている和武器
使用時の組み立て方法を説明します。

①:箸上部の金色のパーツを引き抜く

スノーピーク「和武器の組み立て方法」

金色の部分を引き抜くと、箸の先端が出てきます。

②:金の部品から箸の先端を取り外す

スノーピーク「和武器の組み立て方法」

ネジのように回すと、金色の部品から箸の先端が外れます。
金色の部品は元の場所にはめます。

③:先端をグリップ部に取り付ける

スノーピーク「和武器の組み立て方法」

ネジみたいにクルクル回して取り付ければ完成。

スノーピーク「和武器の組み立て方法」

一連の流れを載せておきます▼

スノーピーク「和武器の組み立て方法」

収納するときは逆の手順になります。

スノーピーク「和武器」のデメリットとメリット

スノーピーク「和武器」のデメリットとメリット

和武器のデメリットとメリットは下記の通りです。

デメリット

  • デメリット①:高い
  • デメリット②:組み立てないと使えない

メリット

  • メリット①:見た目が素晴らしい
  • メリット②:コンパクトに収納できる
  • メリット③:転がらない

詳しく解説します。

和武器のデメリット①:高い

箸1つで4,000円。ぶっちゃけ高めですよね。
他に安い箸はいくらでも売られており、「箸」という機能的にはそれらと大差があるわけじゃないです。

ここまでくると「キャンプ道具に対するこだわり」とか「所有欲を満たす」って話になってきます。

しかし、ここまで読んでくれているあなたは、多分かなり和武器に惹かれていると思います。

そんな方は、飲み会を一回我慢して和武器を手に入れるのもありですね。
僕は実際そうしました、、笑

和武器のデメリット②:組み立てないと使えない

毎回組み立てが必要なので、これを面倒くさいと感じる人には向きませんね。
と言っても、40秒くらいあれば組み立てられますが。

逆に、キャンプ道具の組み立てが楽しい人なら気にならないと思います。

お気に入りの道具を組み立ててる時って、テンションが上がってきますからね( ´ ▽ ` )

和武器のメリット①:見た目が素晴らしい

スノーピーク「和武器」のデメリットとメリット

シンプルに、カッコよすぎる。さすがスノーピークって感じです。

ステンレスの銀色と竹の木目のコントラストが美しいです。
収納ケースもおしゃれ。

良いお値段なだけに、金属部の端っこがザラザラしてたりとか、竹の部分がイガイガしていたりとかも皆無です。

和武器のメリット②:コンパクトに収納できる

箸って、細いから収納に困らないイメージだけど、長いので意外と邪魔なんですよね。

「他のカトラリーとまとめておきたいのに、箸だけ長すぎてしまえない、、」みたいな感じ。

こういう小さなストレスって地味に気になり続けるんですよね。キャンプの度にちょっと萎えがち。

ちなみに、僕の調理系小物はこんな感じでした▼

スノーピーク「和武器」のデメリットとメリット

和武器のコンパクトさのおかげで、1つにまとめられるようになりました▼

スノーピーク「和武器」のデメリットとメリット

スノーピーク「和武器」のデメリットとメリット
このコンパクトさは、箸の収納で悩んでいる人には大きなメリットだと思います。

和武器のメリット③:転がらない

スノーピーク「和武器」のデメリットとメリット

グリップ部が四角形になっているので、転がりません。
箸が転がり落ちるというストレスが減りました。

カッコ良くて小さなストレスを消してくれる、満足できる箸です\( ˆoˆ )/

スノーピーク「和武器」レビュー|まとめ

本記事は「【スノーピーク「和武器」レビュー】カッコよくコンパクトなこだわり箸」について書いてきました。

和武器はステンレスと竹の見た目が美しく、コンパクトに収納可能で転がりにくい箸です。

少々値は張りますが、道具にこだわりたいキャンパーの所有欲は存分に満たされます。ぜひ和武器でキャンプ飯を楽しんでみてください!

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)