リビング

ブッシュクラフトでの明かりについて。ろうそく、オススメです。

ブッシュクラフトやソロキャンプでの明かりって、ほとんどの人がランタンを使っていると思います。

僕もソロキャンプを始めたときに買ったLEDのランタンを今でも使っているのですが、ブッシュクラフトというスタイルになってからはもっと古典的というか、無骨な感じの明かりのほうが好きになりました。

今回は明かりについて考えていきたいと思います。

便利なLEDランタン

 

僕はスノーピークの「たねほおずき」というランタンを使っています。すごくコンパクトだし防滴なので気に入っているのですが、単四電池が3本必要です。

スノーピーク たねほおずき snow peak MINI HOZUKI ランタン ランプ LED アウトドアギア ES-041 <2019 春夏>
created by Rinker

今は充電できるバッテリータイプのものが主流になってきていて、それならモバイルバッテリーとしても兼用できるのでとても便利ですよね。

BRISIE LEDランタン USB充電式IP65 防水&防塵 5つ調光モード 連続点灯50時間暖色 電球色 モバイルバッテリー USBマグネット式 防災用品 アウトドア キャンプテーブルライト ランプシェード
created by Rinker

 

とても便利なLEDランタンですが、ブッシュクラフトという原始的なスタイルにハマり「便利すぎるものを使いたくない」と考えるようになると、ちょっと敬遠しがちになってしまいました。おかしな感覚ですよね(笑)。共感してくれる人いるのかな・・・

 

オイルランタンならブッシュクラフトにぴったり

 

LEDランタンから買い換えるなら、古典的で無骨なオイルランタンがいいなーなんて考えていました。やさしい明かりで自然にも調和しそうです。

 

しかし、今の装備的に持ち運びに困るなと考え、購入に踏み切れずにいました。ネットではバックパックにぶら下げているブッシュクラフターをよく見かけるのですが、僕はがさつなので、そんな運び方をしていたらすぐに壊しそうだなーと。

 

ろうそくを試して見たらすごくよかった!

 

コスパ最強すぎる

そんなこんなで明かり問題を解決できないまま、先日今まで通りたねほおずきを持ってブッシュクラフトに出かけようとしたときのこと。

食料を買ったスーパーの隣の100円ショップで、ふと目に止まったのがろうそく。それはもうすごくシンプルな、お墓参りに使うようなろうそくです。それが、ちょっと大きめのサイズで12本入りで100円だったのです。

1本の燃焼時間は約2時間。一晩で2本使ったとして、6回分入りで100円なのでかなり安いですよね。

試しに使ってみようと思い、一箱買ってそのままブッシュクラフトに向かいました。

 

荷物にならない

ランタンなどの明かりに比べて、細くてスリムなろうそくは携帯製がとってもいいです。荷物の隙間に忍ばせておけば、気軽に使うことができます。

 

心地よい明かり

暗くなり、ろうそくに火をつけてみるとすごくいい明かり!風が吹くとすぐに消えてしまうので、今回は薪を周りに立てて風防に。そのうち竹をくりぬいてろうそく立てを作ろうと思います。

 

他の明かりと併用すればかなりよさそう

 

明かり自体はとても気に入ったけれど、食料を切ったり何か作業をしたりする時はろうそくだけではやはり暗かったです。結局たねほおずきも使いました。

ですが、手元にろうそくを立てておくだけでかなり明るくなる印象。サブの光源としてすごく使えました。作業を終え明るさが必要なくなったら、ランタンを消して焚き火とろうそくの明かりだけでしっぽり飲むのもかなりおつでした。

 

100円ショップで手に入り気軽に使える明かりなので、ぜひお試しあれ。意外と虜になってしまうかもしれません( ̄▽ ̄)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)