バックパック

ソロキャンプ用バックパックの選び方【おすすめ5選】

「ソロキャンプ用にバックパックが欲しい!でも、何を基準に選んだらいいんだろう。」

そんな方に、おすすめソロキャンプ用バックパックと選び方を紹介します。

記事の内容

  • ソロキャンプ 用バックパックの選び方
  • おすすめバックパック5選

この記事を書いている僕は、ソロキャンプ、またブッシュクラフト用に3つのバックパックを使ってきました。その経験をふまえておすすめのバックパックを5つ紹介します。

選び方の基準も書いておきますので、良かったら参考にしてください!

ソロキャンプ用バックパックの選び方

選ぶ際の基準について紹介しておきます。

バックパックの容量

バックパックにどの程度の道具を入れるか決まっていないと、選ぶことができません。

デザインだけで決めたり安くて良さそうなものを選んだりしても、荷物が入り切らなければ使い物になりません。まずはバックパックに入れる道具を整理してみましょう。

ちなみに、僕の装備はこんな感じ。

これで35リットルのバックパックに入れるとちょうどいいくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は道具を最小限に抑えたブッシュクラフトスタイルなので、荷物は少なめです。

これより道具が多い人はもっと大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。小さすぎるよりも余裕があった方が融通が効きますしね。

デザイン性と機能性どちらを取るか

ワイルドなアイテムが好きな人は、ミリタリーなバックパックを使っている人が多いです。

僕も最初はワイルドなものに憧れ、 DD hammocks の DD Bergen Rucksack を使っていました。

・カッコいい
・ポケットやものを引っ掛けるループがたくさんついている

というところが気に入っていたのですが、担ぎ心地はいたって普通。いっぱいに道具を入れて重くなると、肩に重さが収集します

その後登山用のバックパックを使ってみると、その背負いやすさに感動しました。

登山用は担いで長時間歩くことを想定して作られているので、機能面が素晴らしいんです。

なので、僕の個人的な見解で言えば、長い距離を歩くならミリタリーテイストのものよりも担ぎやすい登山用バックパックがいいのかなと思います。

「そこまで歩かないから機能性よりもデザイン性で選びたい」という人は、ミリタリーなものを選んでも問題ないでしょう。

できれば実物をみて担いでみよう

長く使うのであれば、やはり一回自分の目で見て担ぎ心地も確認するのが一番。

実際に見てみると、「思ったより小さいな」とか「想像より担ぎやすい」という気づきが必ずあると思います。

おすすめバックパック5選

それでは実際の商品についてみていきましょう。5つのおすすめを選んでみました。

1:カリマー SABRE45

このバックパックは、ミリタリーテイストなデザイン性と背負いやすさを兼ね備えたモデルです。

カリマーの中でも特殊部隊用に開発されたSF(スペシャルフォース)シリーズということで、丈夫な素材で作られているのがキャンパーには嬉しいポイント。

2:カリマー RIDGE40

こちらもカリマーのバックパック。トレッキング用の定番モデルで、快適性と疲労軽減を追求したというもの。シンプルで飽きがこなそうなデザインもおすすめのポイントです。

出し入れしやすいフロントポケットはとても使い勝手がいいので、ぜひ一度体験してもらいたいです。

3:THE NORTH FACE  Caelus50

僕が使っているのは、こちらの35リットルモデル。荷物が多めの方は50の方がいいと思います。

このバックパックの特徴は、快適さを損なわず思い切った軽量化を計ったというその軽さ。そして、トランポリン構造で背中が蒸れにくく、体にしっかりとフィットしてくれます。

4: グレゴリー ズール40

背面のX型のフレームで通気性がいいこと、そして開口部がU字型のジッパーで荷物の出し入れがしやすいことはキャンパーにとってありがたい作りです。

縦長のバックパックは底の方の道具が取り出しにくいので、このジッパーは助かりますね。

5:DD hammocks  DD Bergen Rucksack

僕が使っているバックパックです。ポケットの多さとミリタリーなデザインがお気に入り。丈夫な生地と付属ポーチの多さから使いやすいバックパックです。

ポーチの一つを取り外してウエストポーチとして使えのが便利ですよ。

詳細レビューはこちら:【DD Bergen Rucksack レビュー】キャンプで大活躍のミリタリーなバックパック

まとめ:自分の荷物量とバックパックに求めるポイントを整理して選ぼう

おすすめバックパックと選ぶ際のポイントを紹介してきました。

まずはどの程度の荷物を入れるのか、そして、デザイン性・担ぎ心地・機能性など重視するポイントを整理して、自分にぴったりのバックパックを選んでください。

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)